iPhoneXS(A2098)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
今回は、部品交換の修理店で対応不可と返却されてしまったiPhoneXSのデータ復旧修理をご紹介致します。

修理店で直せないと断られてしまったが諦めきれず、ネットを検索して当店を見つけていただけたそうです。

朝一で店頭にお持ち込み頂きました。
受付時にヒアリングしたところ、修理店では基板に水濡れの跡があり、基板が壊れているので直せないとの判断だったそうです。

水没した可能性がある本体は、まずお預かり後にフロントパネルを取り外して内部の状態確認からスタートします。

基板を取り外したフレーム部とフロントパネルの内側がこちら、フロントパネルに貼られた水濡れで白から赤に変わるシールが真っ赤です。
外側を撮影するカメラのカバーも白く変色しています。

お客様ご自身は水没させた覚えは無いんだけど、、、とのことでしたが、
完全にお水に濡れたことのある内部状態です。

SIMトレイとイヤースピーカーのメッシュから水が入った時のような跡のように見えます。
SIMトレイとイヤースピーカーのメッシュからはiPhoneをお水に浸けた以外に、コップの水を倒した、雨に濡れた等、水が掛かった際にも水分が侵入してきやすい場所となっております。
少々のお水が掛かったくらいですと気にせずちょっとふき取ってそのまま使ってしまうことが多い為、水濡れの記憶として残り辛いですよね。
でも、内部に水が入ったら水に沈めていなくても水没することがありますのでご注意くださいね。

また、水が掛かったその場では問題無かったけれど、その後時間が経過したことによって錆びや腐食が進んできて基板が壊れたという事例もありますのでお水濡れの際は、本体の起動が続いたとしてもケースから外し、SIMトレイを抜く等して内部を出来るだけ乾燥させるようにしましょう。

じわじわと錆びが拡がってきています。

漏電が発生していましたので、漏電箇所を特定し処理をするとともに、錆びや腐食が発生している場所をチェック、クリーニングしていきます。

※腐食や錆びが膨大で激しい場合は逆にクリーニングすることで必要な回路が途切れてしまう事もあるので状況に応じて作業を実施しています。

基板の修理を実施し、起動するようになったらフレームへ基板を戻して各部品の接続やチェックへ進みます。

故障原因によって、基板のみではなく、接続する部品側が壊れている場合も多くありますのですべての部品を取り付けても起動するか?各部品が動作するか?を確認しながら、できるだけお客様にお渡ししても起動が安定する状態に組み上げてお渡しできるよう作業致します。

修理は数時間で完了しましたのでお客様にお電話し、夕方に受け取りにいらして頂けましたのでご依頼日当日にご返却まで完了することが出来ました。
ご依頼の混みあい方や症状によってとなりますのでお約束等はできませんが、午前中のご依頼であれば当日に修理してお返しできる場合もありますので是非お気軽にご相談頂けますと幸いです。

他店で修理不可

関連記事

  1. iPhone7Plus(A1785)部品交換後に起動しなくなった本体のデータ復旧

  2. iPhone6(A1586)タッチパネルが反応しない本体のタッチパネル復旧

  3. iPhoneXS(A2098)エラー14でリンゴマークから進まなくなった本体のリンゴループ復旧

  4. iPhone8(A1906)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体のデータ復旧

  5. iPhone SE(A1723)水没により電源が入らない本体の電源復旧

  6. iPhone 6s(A1688)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧