iPhone8(A1906)原因不明で起動出来ない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日ご紹介するiPhoneのデータ復旧事例は、iPhone8で発生した原因不明の起動不良本体のデータ復旧となります。

容量がいっぱいだった気がするとのご申告でしたが、リンゴマークが点かない状態とのことでしたので、基板復旧のメニューにてご依頼頂きました。

容量がいっぱいで起動しなくなる症状の場合、リンゴマークは点灯することがほとんどです。
リンゴマークが点かないということは電気的な不具合が基板や部品に発生している可能性が高い状態であると考えられます。
まずはフロントパネルを開けて本体内部、そして基板の確認からスタートします。

本体側の部品や基板故障とシステム側のエラーによる起動不良が両方同じ本体で同時に発生することはもちろんある事ではあるのですが、大体はどちらか片方であり、両方の場合には壊れた部品や基板を認識してシステムのエラーに発展した等の場合が大半です。

基板のみの状態で漏電チェックを実施したところ、漏電が確認されました。

システムのエラーが発生していたとしても、基板側に漏電等の故障がある場合はそちらをまず直さなければエラーも直せません。
まずは基板を直します。

原因箇所を特定して基板に修理の手を加えて回路を修復します。

漏電が止まったら通電して起動するのかを確認しましょう。
システムに問題が発生している場合はこの時点でリカバリ画面での起動となったり、リンゴループやリンゴマークが点きっぱなしの状態になったり、またはリンゴが一瞬点いて消える等症状に変化が見られます。

問題無く起動しパスコード画面が表示されましたので、お客様に相談しパスコードをお知らせ頂いて動作の確認を実施して問題が無ければ本体を閉じて修理完了です。

FIREBIRDでは故障のお心当たりをお聞きすることがありますが、車に轢かれた、とかビルの○階から落とした、プールに水没した等、明確な故障タイミングと状況が分かる場合とそうでない場合があります。

赤ちゃんに持たせていて気づいたら、寝て起きたら、使用中に電源が落ちてそのまま等、いつ起動しなくなったのか?なぜ起動しなくなったのか?が分からない場合も多いです。
基板の故障か?システムエラーか?どちらか判断がつかない場合は、まず基板自体に電気的な問題が発生していないかから原因を探ります。
お客様に記載いただいた心当たりから探らせて頂くこともありますので実はお風呂に持ち込んでいます、毎日ウエットティッシュで拭いています、たまに持てないくらい熱くなることがあります。等々もしかして?ということもぜひご記載ください。

iPhoneデータ復旧はFIREBIRDへ!ご依頼をお待ちしております。
iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone7(A1779)何時間充電しても起動しない端末の復旧

  2. iPhone 8(A1906)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧

  3. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧 

  4. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

  5. iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

  6. iPhone6s(A1688)充電しながら操作中に起動しなくなった端末の復旧