水没復旧に強いFIREBIRD。腐食の除去から基板修復、クリーニングまで行います。

iPhone・android水没復旧

iPhone・android水没による故障はFIREBIRDにお任せ下さい

故障事例で圧倒的に多い「水没」による故障。

故障内容は、起動しない。画面が暗い。タッチパネルが反応しない等、多岐に渡ります。

雨に濡れてしまった。洗濯機で一緒にスマホを洗ってしまった。海で遊んでいたら海水で濡れてしまった。ビールをスマホにこぼしてしまった。トイレに落としてしまった。子供のよだれで水没等、日常生活の様々な場面で水没のきっかけがございます。

最近のスマホは「生活防水対応」になっている機種も多くなってきておりますが、電源コネクタ部分からの浸水、ちょっとした隙間からの浸水など、完全に防水する事は現実的に難しい状態です。

一般的な民間のスマートフォン修理店の水没修理と、
FIRDBIRDの水没基板復旧の違い

一般的な民間スマートフォン修理店の水没修理は基本的に本体の乾燥作業になります。
水に含まれているカルキ分や異物などは乾くと結晶化されて浮いてきますので、それらをクリーニング作業で取り除きます。必要があれば外装部品の交換を行います。
(この時点で起動出来る水没症状は比較的軽度な症状だっとと想定されます。)

一方、FIREBIRDの水没復旧の場合は、基板の修理のため、一般の民間スマートフォン修理店では触る事の出来ない緻密な部分のクリーニング作業からスタートします。
具体的には、ICチップ保護の役割を果たしている内部カバーは半田で密封されているため、ヒートガンを使用して慎重に外します。そうすると、無数の小さなチップが集まった回路基板が剥き出しとなって現れます。

この回路基板が剥き出しになった状態で、マイクロスコープを使用しながら、腐食除去・異物除去等、高純度アルコールを使用し精巧なクリーニングを行ってから、基板の修理に取り掛かります。

交換する部品の違い

民間のスマートフォン修理店と、FIREBIRD(基板復旧)で交換する部品は、全く異なります。

一般的なスマートフォン修理店は、フロントパネルやバッテリーなどの外装パーツの交換を試しますが、それで起動しない場合は「基板の問題で修理不可」となります。

FIREBIRDの水没復旧で使用するパーツは、基板専用パーツ交換及び修復のため、
最小のものになると0.1mm×0.2mmという米粒よりも小さなパーツとなります。

基板上の一つ一つのチップ部品をマイクロスコープで拡大しながら、症状の確認、原因の切り分けをしながら修理していきますので比較的長い修理期間になります。

通常、水没復旧に持ち込むのが時間的に遅れた場合、侵入した水分は日が経つごとに基板のチップを腐食していき、カバーを外すと錆びたパーツがあちこちで見受けられます。

出来るだけ早めにFIREBIRDにご依頼下さい。

iPhone・androidの水没に強い!FIREBIRDにお任せ下さい

一口に「水没」と言っても症状は多岐に渡ります。

中のデータは勿論、タッチパネルが一部効かなかったり、カメラが使用できなくなったりと、1つの機能が使えなくなるだけでかなり不便さを感じるのではないでしょうか?

FIREBIRDでは、お客様の基板1台につき専門の知識と技術を持った3名の技師が修理対応。

水没が原因で発生した全ての故障を突き止め、1つの故障だけではなく、可能な限り全て復旧させていきます。