液晶交換でも直らないバックライト故障は基板修理で解決します。

iPhoneの画面が暗い

iPhoneの画面が暗いのは
液晶ではなくバックライトが発光していないから

一見すると起動していないスマートフォン。

かなり暗いものの画面が薄っすらと見えている場合、バックライトを制御する基板チップが故障している可能性が高いです。

液晶の裏側では、バックライトパネルが有り、そのバックライトの発光により液晶が鮮明に映し出されます。(この構造は一般的なパソコンにもあてはまります。)

フロントパネル(液晶)を部品交換しても、バックライトが発光しない。このような症状をFIREBIRDの基板修理によって復活させます。

バックライトとは何か

少々繰り返しにはなりますが、iPhone等に使用されているLCDパネル(液晶ディスプレイ)は、大まかには「液晶」部分と「バックライト」部分に分けることができます。

液晶はいわば精巧なフィルターの機能で、それ自体では「発光しない」パーツです。

よって、パネルの背面には必ず光を出す装置=光源が必要になります。
それがバックライトになります。

このバックライトが故障すると、iPhoneやandoridの画面が暗くなってしまいます。

バックライトも蛍光灯同様に、ライトそのものの故障と、ライトの制御部品(基板チップ)の故障という2つの原因が考えられます。

スマートフォンの画面が暗い時の修理方法

iPhoneの画面が暗い症状の場合、一般的な液晶の交換修理で直るケースと、バックライトの発光制御チップの基板修理が必要なケースがございます。

一般的な液晶交換修理で直らない。民間のスマートフォン修理店で「基板の問題」と判断された場合は、FIREBIRDにお任せ下さい。

FIREBIRDの基板修理では「バックライト発光制御チップの修復」を、スピーディに行います。