あとはFIREBIRDにお任せください

自己修理失敗

最近増えているiPhoneのバッテリー交換失敗

バッテリーは消耗品ですので、1~2年経てばその性能も新品時に比べると大幅に下がります。愛車のバッテリーや腕時計の電池であれば、皆さんもご自身で交換された経験がある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

同様にiPhoneのバッテリーもAmazon等では販売されておりますので、専門の修理工具と解説書がセットになった交換DIYセットが簡単に手に入ります。
YouTubeにも交換の動画がたくさんありますので、参考にしつつ試される方が最近では増えてまいりました。

iPhoneなどのスマホを自分で修理された場合、よくある事例が、分解して組み立ては出来たんだけど、起動しなくなってしまった。何かネジが数本あまっている。という事例です。
起動しない可能性としては、自分で修理する際に基板のチップを傷つけてしまったり、余計な力が入り半田に亀裂が入ったり、ケーブルを断線させてしまった等が考えられます。

iPhoneやandroidを自分で修理(DIY)のメリット・デメリット

自分で修理を行う場合、コスト面でのメリットは当然ありますが、
同時に大事なスマートフォンを破損してしまうリスクも孕んでいます。

・バッテリーの交換をしたら、画面が映らなくなった。
・画面交換を自分でやってみたらタッチが全く反応しなくなった。
・画面は点いているようだが、真っ暗で何も見えない。
・端末を振ると、中で何かカラカラと音がする。
・電話の際、相手の声は聞こえるが自分の声が相手に届いていないようだ。

FIREBIRDに修理をご依頼頂くお客様が共通しておっしゃるのは、
「自分でやらなきゃ良かった」との事です。

基板(マザーボード)はデリケートな精密機器

スマートフォンの基板には複雑な回路や、無数のチップが効率的に配置されております。

現代のIT技術の結晶とも言える基板は、精密機器の中でも一番精密で、精工な仕様になっておりますので、ちょっとした力加減などで破損する可能性がございます。

全てのチップに役割があり、スマートフォンの中でも特にiPhoneは複雑で精巧な電子回路構成になっております。

半田に少しでも亀裂が入ると、タッチパネルが効かない、電源が入らない等の不具合に繋がっていきます。

iPhoneバッテリー交換失敗の復旧は比較的容易

最近増えてきている、iPhoneのバッテリー交換失敗の場合は、原因が落下や水没の場合とは違って、ある程度の原因の目星を付けることが可能です。修理工程を考えると恐らくこのチップの可能性が高いな等と原因の切り分け作業が比較的容易です。

まずは考えられる該当箇所付近のチップ部品の精査・検証を始め、出来るだけ短時間で起動まで復旧させていきます。

自分で修理する際、正しい工具を使い、良い修理マニュアルがあれば、それほど致命的な起動不良になることはありませんが、自己修理作業中に金属ドライバーで基板を引っかけてしまったような場合は、複数のチップ及び、回路も傷ついている可能性が高いので、FIREBIRDでも修理に時間がかかる場合もございます。

スマートフォンの自己修理失敗はFIREBIRDにお任せ下さい。

FIREBIRDでは、通常の民間修理店と同様、一般的なパーツ交換も全機種修理対応しております。

基板の修理のついでにバッテリー交換や、フロントパネル、液晶の交換など、様々な修理も同時に行う事が可能です。安心してお任せ下さい。

80万台以上のスマホ修理実績のある総合的なノウハウで、お客様の端末を復活させます。