iPhone7(A1779)自己修理失敗により、コネクタ端子が残ってしまった端末の復旧

こんにちは。FIREBIRD修理センターの佐藤です。

今回は自己修理に失敗し起動が出来なくなったiPhone7のご紹介です。

まずは、当店に届いた時点での写真をご覧ください。

バッテリーは正しく交換されておりましたが、右側ディスプレイ部品の緑〇で囲った部分、
上のケーブルが切れているのと、下側緑〇にディスプレイコネクタ端子が残ってしまっていました。

さらに拡大したのが次の画像になります。

こちらの写真の緑〇の方、金色に見えているのが、正常なコネクタ端子になります。
一方、赤〇で囲った方、金色の端子部分が何やら黒いものに覆われているのがお分かりいただけますでしょうか?

左側から取り残された端子を特殊な工具で引っ張ってみますと、一部がめくれ上がってきました。
この部分の修復は当店にて過去にもご依頼をいただいてますので、我々も慣れておりますが、
今回のお客様はこれだけでは起動しない状態になっていました。

いつも通り、バッテリーコネクターに安定化電源を接続し、テスト用のパネルを取り付けてからリーク電流と起動時の電流値を確認します。

こちらの基板においてはリーク電流無し、起動時の電流値も正常でしたが、画面が付きません。
当店修理メニューにもありますように、どうやらバックライトを制御する部分にも不具合が出てしまっているようです。

画面の表示などを受け持っているコネクターの数値を測定した所1か所の数値異常が有りました。

チップ部品はアンダーフィルというゴムのような保護剤で覆われている為、綺麗に除去しなら故障箇所を探していきます。

保護剤を取り除いた後がこちらの写真となります。

写真の中央やや右下の方に3つ連なった小さなチップがはっきりと見えてきたのがわかりますでしょうか?

断線していたチップ部品は完全に煤けており、電極のみ残して砕けた状態でした。
両端の電極を元に、前後の回路をチェックしましたが異常は有りませんでした。

残った電極を丁寧に取り除き、パターンの下処理も兼ねて修復をします。
チップ部品がダメージを受けた時にパターンにも僅かですが影響が有り、パーツ取り付け後に補強処理が必要でした。
補修が終わり、画面の表示を受け持っているコネクターを再度計測したところ、全て正常でしたので、テスト用のパネルにて動作の確認に移ります。

リンゴのマークが表示され、しばらく待つとパスコード入力までたどり着きました。
ライトニングコネクタ端子から充電のテストも行い、こちらも不具合無く動作します。
パネルは端子が取れてしまってますので、交換となりましたが、データは無事取り出せるようになりました。

今回はご家族のiPhoneを修理しようと起こってしまった自己修理失敗ですが、
万一同様の事が起こってしまった場合はFIREBIRD修理センターまでご相談ください!

関連記事

  1. iPhone7(A1779)本体は起動しているが、画面が点かない端末の復旧

  2. iPhone7(A1779)海水に水没して電源が入らなくなった本体の水没復旧

  3. iPhoneX(A1902)バッテリーを自身で交換したら起動しなくなった端末の復旧

  4. iPhone 7(A1779)発熱後に電源が入らない本体の電源復旧

  5. iPhone 7(A1779)原因不明でリンゴループとなった本体のリンゴループ復旧

  6. iPhone SE(A1723)自己修理失敗により再起動を繰り返す本体の電源復旧