電源が入らない・起動しない症状は電流回路系統の基板修理

iPhone・androidの電源が入らない

iPhone・androidの電源が入らない!起動しない!
まずは電源故障セルフチェックをお試し下さい

iPhoneやandroidの電源が入らない、起動しないという故障は大きく分けると基板の電気系統の不具合、もしくはリンゴループしている、のどちらかとなります。

ここでは電源が入らない症状についてご案内します。
iPhoneのリンゴループについては別ページをご参照ください。

セルフチェック方法

まずは電源ボタンを10秒以上押し続けてください。何か反応はありますでしょうか?
次に電源コンセントとつながったライトニングケーブルを挿してみてください。電池マークはつきますかでしょうか?
上記2点のどちらを試しても起動しない場合は、電源系統の故障が濃厚です。

その他にも電源系統の故障の場合、下記のような症状があります。
・リアカメラの下(本体裏側)付近が熱くなるだけで起動しない。
・起動はしていてバッテリー表示が0%表示のまま(その後数分間隔で再起動を繰り返す)

iPhone・androidの電源は主に2つの供給ルートから

当たり前の事ですが、スマートフォンは電気が供給されないことには何も動きません。
その主な電源供給ラインは2つあります。
一つはバッテリーによる内部電源から、もう一つはライトニングケーブルによる外部電源からの供給です。
最近では、ワイヤレスで充電できる「ワイヤレス電力伝送」がWPCという標準化団体が取り決めている国際規格「Qi」により互換性のあるワイヤレス充電も広まってきております。

バッテリーによる内部電源の供給が出来ないケース

充電済みのバッテリーを交換してもiPhoneが起動しない場合は、電源復旧(基板修理)が必要なケースとなります。

ライトニングケーブルによる外部電源の供給が出来ないケース

バッテリーの交換をすれば起動はするものの、ライトニングケーブルを挿しても充電マークが出ない。充電が進まない。

その後、バッテリーが切れたらそのまま起動しなくなるケースも電源復旧(基板修理)の対象となります。(※ライトニングケーブル交換でも症状改善しないケース)
どちらの場合もiTunes接続をしてPCでバックアップを取るという作業が困難となりますので、iPhoneの中にある大事なデータを取り出したいという場合はFIREBIRDをご利用下さい。

電源系統の電気回路に関してもう少し詳しく

さらに細かく見ていきますと、電源系統の故障には電気の供給ラインと信号の制御ラインの二つがあります。

iPhoneの電源ボタンを押し続けて起動させようとする時、回路内部ではこの電気の供給系統と信号の制御系統がお互いに連携し合っています。

基板部品の経年劣化、衝撃による基板部品チップの破損および剥離、
水没等によるパーツ腐食および回路ショート等、何らかの原因よって
電気の供給ラインおよび信号の制御ラインが上手く働かない場合は起動しなくなります。

基板修理ではそれら不具合箇所を細部まで解消する事で起動状態まで復旧致します。

iPhone・androidの電源が入らない故障
難しいのはその修理作業自体

iPhoneやandroid等のスマートフォンは一般家庭で使われる電化製品の中では最も複雑な回路を持った電化製品である反面、故障の原因については一般的な電化製品と大きな違いはありません。

どこが違うのかといえば、やはりその部品チップの小ささや、複雑に張り巡らされている銅線の細さによる修理の難易度です。

特に電源周辺は数値が異なる多数のチップから故障原因を突き止めたのち、他のチップに影響を与えないよう緻密な半田作業と加熱技術により、原因箇所のみを直していくため、非常に繊細さが求められる修理となります。

複数専門技師による技術相談(ギソウ)の徹底

作業の流れとしては他の基板修理同様、基板と接続されている全ての部品を外すところから始まります。

次にマイクロスコープ(実体顕微鏡)を用いて、基板上の回路をチェックしていきます。起動回路を順にたどり、それぞれの電源系統と信号系統を調べていきます。

電源復旧は正しい手順で原因を探していけば、比較的復旧させやすい修理となります。
出来るだけ基板に負担のかからない修復方法で、スピーディに電源周りの修理を行っていきます。

FIREBIRDでは、複数専門技師による技術相談(ギソウ)によりノウハウを共有。自社内のノウハウやケーススタディを最大限に活用し、お客様の端末を復旧に導きます。