iPhoneSE3(A2782)原因不明で電源が入らなくなった本体の電源復旧

iPhoneSE3のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDです。
本日は、落下後しばらくした後、動作がやや重くなり突然電源が切れ電源が点かなくなってしまったiPhoneSE3のデータ復旧をご紹介いたします。

ご依頼主様側では特にこれと言って心当たりが無く、落下や動作の重さは「もしかしたら、、、?」程の思い当たる点でございました。
他店にてフロントパネル(液晶)、バッテリー、ライトニングコネクタ(充電部)パーツの交換を行っても電源が入らず、FIREBIRDへご依頼頂きました。

iPhoneから漏電症状を確認


ご依頼のiPhoneからは漏電症状を確認しました。

電気を流すと基板が発熱するのが特徴です。
基板に直流電源を取り付けた際、通常であれば勝手に電流は流れだしません。
しかし、故障した部品が基板上にあり、電気が漏れる状態になっていた場合には基板上のICや部品が発熱することとなります。

漏電箇所の特定と修復作業



サーモチェック等で漏電箇所の特定を行い、修復作業を行います。

再度直流電源を取り付け

漏電箇所の特定と修復作業が完了したら、再度直流電源を取り付け確認を行います。

故障した部品を取り外し、回路が修復されると発熱も漏電も解消しました。

基板を端末に戻し確認


無事に回路修復が完了し、起動に至る事が出来ました。

今回、プライバシーの都合でパスコードはお伺いしておりませんので、緊急画面にてタッチ操作ができる事だけを確認しています。

※今回まずは当店のテスト用パネルでタッチ操作確認後、
修復後基板を再接合した後、改めてお客様の端末画面にて正常起動するかをチェックしております。

FIREBIRDはプライバシーを守ります

当店お客様の中にはパスコードは伝えず動作確認をご希望されない方もいらっしゃいます。
可能な限りお客様のご意向に沿う形で対応させていただきますが、
お受付時点では一切起動していない端末ですので、
「ディスプレイ表示・タッチ操作」以外の機能に関しては確認を行わずご返却となります。

データの取り出しさえできれば本体は買い替えるというニーズもございますので、そのような場合には起動状態のみを確認してのご返却となります。

起動しないiPhoneからデータを取得したい時にはFIREBIRD

突然iPhoneが壊れ保存できていなかったデータを取り出したいというご依頼や、
iPhoneデータ復旧に関するご相談、お問い合わせはぜひともFIREBIRD修理センターへ。

FIREBIRDは一律料金

FIREBIRDでは機種に関わらず症状別の一律料金にて承っております。FIREBIRDデータ復旧・基板修理料金
対応機種に掲載中の機種であれば、古くても新しくても一律料金です。
ご依頼後、調査しないと値段が分からない等はございませんので、安心してご依頼頂けます。

データ復旧の可能性は残されております。
是非諦めずにお問合せ頂けますと幸いです。

iPhone電源復旧

関連記事

  1. iPhone11(A2221)再起動をかけたら起動しなくなった本体の電源復旧

  2. iPhone6s(A1688)起床後に気づいたら起動していなかった本体の電源復旧

  3. iPhone7(A1779)通常使用における起動不良となった端末の復旧

  4. iPhone6Plus(A1524)使用中に突然電源が落ちた端末の復旧

  5. iPhone6(A1586)5年程前アップデートした際に起動しなくなった本体の電源復旧

  6. iPhone8(A1906)発熱後に電源が入らない本体の電源復旧

お電話でのお問い合わせも可能です!