iPhone11(A2221)再起動をかけたら起動しなくなった本体の電源復旧

こんにちはFIREBIRDの佐々木です。
本日は挙動が重くなって再起動をかけたら起動しなくなってしまったというiPhone11の修理についてご紹介致します。

FIREBIRDではiPhoneのデータ復旧を目的とした修理サービスを実施しており、壊れたiPhoneからデータを取得出来る状態を目指して修理を行っております。

もちろん、部品交換も発生せずに起動し、タッチが出来てお客様ご自身が操作できる状態まで修復出来る事が望ましいのですが、壊れた箇所や壊れ方によってはそれが叶わず、当店にてiTunesバックアップを取得してデータをお渡しする形での返却となる場合もございますのでご了承ください。

今回、ご依頼頂いたiPhone11は、再起動をきっかけに起動不良となったということで、システム由来の故障である可能性もありましたが、システム由来の故障時にはほぼ出るリンゴマークが出なかった為、フロントパネルを開けて基板の確認から調査をスタートさせます。

iPhone11の漏電状態の基板をサーモグラフィで撮影したものがこちらになります。

ぼんやり基板の右側が温まっていますね。
しかし、基板上に貼られた保護カバーやシールで発熱箇所の特定は困難です。

こちらは、基板上に貼られているシールを取り外したところです。
金属の保護カバーに空いたドットが見えるようになりました。そして金属カバーの右端中央付近がより発熱していることを確認する事で来ました。

そして金属の保護カバーを外した状態でのサーモグラフィ画像です。

発熱している箇所がくっきりと映っています。ほぼ、故障箇所が特定された状態ですね。

しかし、変色やぐらつきなどは無かったため、これからさらに原因と思われる1つのコンデンサを特定するまで調査を続けます。

原因箇所が特定できたら壊れた部品に合った方法で回路修復を実施します。

回路の修復が終わったら数値や症状が改善しているか確認して問題無く起動が確認できたら部品と組み立て直します。

組み立てた状態で起動が安定し、タッチや充電等の操作と起動を続けさせるための機能が使用可能であることが確認できたら修理は完了です。
今回の故障品は動作確認も問題無くクリアしたのでお客様ご自身にてバックアップ等の操作が出来る状態で返却できました。

水没や衝撃等で基板全体に破損が拡がっている場合等は、お客様のお手元に届くまでに起動しなくなってしまう可能性もある為、念のため当店でiTunesバックアップを取得してからお送りすることもあります。
修理の進捗は情報が多くなってしまうこともあり、まずメールにてお知らせさせて頂く事が大半です。
発送情報等も基本的にはメールでのお知らせになりますのでご依頼中はメールをよくご確認頂けますようよろしくお願いいたします。

ご依頼中のお客様で確認出来ないメールで申し込んでしまった!という場合には送信先の変更も承れますので是非ご連絡ください。

電源復旧、データ復旧はFIREBIRDにご依頼ください。
お待ちしております。

関連記事

  1. iPhone7(A1779)通常使用における起動不良となった端末の復旧

  2. iPhoneSE(A1723)過電流による回路チップ故障の端末復旧

  3. iPhone8Plus(A1898)充電中に発熱し起動不良になった本体のデータ復旧

  4. iPhoneXS(A2098)一晩の充電コネクタ接続しっぱなしで起動不良となった端末の復旧

  5. iPhone6s(A1688)起動不可本体のデータ復旧

  6. iPhoneX(A1902) 落下により起動しなくなった端末の復旧