iPhoneXR(A2106)水没により起動しなくなった本体の電源復旧

お風呂で水没したiPhone

FIREBIRD修理センターです。
今回はお風呂で水没後起動しなくなったiPhoneXRのデータ復旧修理をご紹介いたします。
街の修理店で乾燥やクリーニング作業等行ったが起動しなかったとの事でお持ち込み頂きました。

iPhoneをお風呂で使う事のリスク

iPhoneの耐水制度については新しい機種が出るたびに注目される部分の一つではないでしょうか。

新しい機種になるにつれ、水が掛かった程度では浸水し辛くなっていますが、
残念ながら水に浸されてしまった場合には内部への浸水、部品の故障が避けられません。
また、温度差の激しいところ、湿気の多いところでの使用の蓄積でiPhone内部に結露が発生し、
その積み重ねで内部が濡れ知らず知らずのうちに壊れてしまう事もございます。

お風呂でiPhoneやiPadをご使用されている方も多くいらっしゃるかと思いますが、
ジップロックにいれる等、防水対策を行っていてもiPhoneは水の影響を受けてしまいますのでお気を付けください。

今回ご紹介するiPhoneXRはお風呂にしっかり落としてしまったとのことですので、
錆びや腐食の程度も含め、基板を調査していきましょう。

水にぬれたiPhoneの初期診断

まずは外観ですが、大き目の画面割れがございます。

SIMトレイや上下スピーカーのメッシュ部分等、iPhoneには水が入り込んでしまうポイントが複数ございます。
画面割れ等ございますと、水が入り込む箇所が増えることになります。

本体から基板を外して

お風呂の中に落としてしまったとの事で、端末の中にお水がたくさん入ってしまったことを想定し、
端末から基板を外す際には錆びや腐食が発生しているか、発生していた場合その場所がどこか等、注意深く確認しながらの初期診断作業となります。

カバーを外す前の段階でも白くなっている部分を見つけました。

この部分から早速調査に入りたいところですが、初期診断はまだ終わっていません。

基板回路に電気的な不具合が起きていないかの調査

基板をサーモグラフィで確認するところからスタートしましたが、サーモグラフィではこれといった発熱箇所が確認出来ませんでした。
その場合は故障した回路を探します。


デジタルテスターで壊れた回路を計測した際に表示された数値です。
この数値から計測した回路が故障し正常ではないことが確認できます。
※ちなみに故障ではなく元々抵抗値が計測出来ない箇所では以下のようにOLと表示されます。

基板を外す際に発見した白くなっていた部分等、目視での情報も含め作業を進めていきます。

iPhoneXRの基板はほとんどカバーで覆われている

どうやら基板のカバーで覆われた内部のどこかに異常がありそうだということがわかりました。
iPhoneXRはほとんどの部分がカバーに覆われていて、非常に剥がしにくくなっています。
カバーを外すには300~400度の熱で基板を瞬間的に温め、半田の接着部分を溶かしていくことになりますが、なるべく基板への加熱は避けたいところです。

iPhoneの基板上の各部品は熱や衝撃などに弱いため、基板修理を伴うデータ復旧の際には負担がかかってしまいます。
当店では最低限の処理で、余計な負担をかけずに復旧していくよう心掛けております。

チップのショートと基板全体の錆び・腐食

覆いをとって内部を詳しく調査していきますと、

小さなチップの一つがショートしていることが判明しました。

その他、カバーに覆われていた内部に錆びや腐食が発生しており、たくさんのお水が入ってしまったことがわかります。


ショートしているチップの処置と錆びや腐食が発生している箇所の洗浄等行っていきます。

修理が終わった後の確認

デジタルテスターでのチェック、直流電源からの電圧テストにて異常がなくなったことを確認した後

そのままの状態で基板にパネルを取り付け、起動や画面表示/タッチの確認を行います。

ご返却準備へ

基板を端末に戻し、お客様端末のバッテリーからの電源供給においても、
パスコード画面への移行、タッチに問題が無いことを確認しましたが、


水没の影響により、フロントパネルについてはガラス内部に浸水の跡があり、
一部使用できない部品・機能がございましたが、Wi-Fi通信、画面表示とタッチ等、バックアップ操作にあたり必要最低限の動作に問題はございませんでしたので現状にてご返却となりました。

水没させてしまった場合はFIREBIRDiPhoneデータ復旧サービスを

水没故障は開けてみるまで状態が分かりません。
今回のように、内部に水がたくさん入ってしまった形跡があるものから、
水がたくさんのこっているもの、ほぼ濡れていないもの、
基板全体が錆びで覆われてしまっているもの等、
開けてみて初めて状態がわかります。

水没させてしまった際にはぜひお近くの修理店で乾燥作業を実施してもらい、部品交換では起動しないと診断された際にはFIREBIRDにご依頼ください。
FIREBIRDの調査修理によって、今回のように起動しデータの取得が可能となるケースがあります。

ぜひご検討下さい。

水没復旧 iPhone電源復旧

関連記事

  1. iPhone7Plus(A1785)水没により電源が入らない本体の水没復旧

  2. iPhone6(A1586)水没により電源が入らない本体の水没復旧

  3. iPhoneSE2(A2296)水没後に充電をしてしまった端末の復旧

  4. iPhone7(A1779)水没で起動出来ない端末のデータ復旧

  5. iPhone6s(A1688)洗面所で温水に浸かってしまった端末の復旧

  6. iPhone7Plus(A1785)水没により起動出来ない本体の水没復旧

お電話でのお問い合わせも可能です!