iPhoneXS(A2098)使用中に突然電源が入らなくなった本体の電源復旧

FIREBIRD修理センターです。

今回は、Appleストアに持ち込んだものの「基板原因」と診断された他店で修理不可のiPhoneXSデータ復旧修理をご紹介致します。

データのバックアップが「ある」か「無い」か

Appleストアでは、フロントパネルやバッテリーの修理を受け付けてくれますが、基本的に起動しない本体は「本体交換」のご案内になってしまいます。

「本体交換」では壊れた本体からデータを取り出すことはできません。

毎日iCloudでバックアップを取っている方、または定期的にiTunesバックアップを取得されている方等、定期的にデータのバックアップを取得していて、データを取り出す必要がない方は「本体交換」であれば新たに購入するよりも安く同機種と交換してもらえますが、
FIREBIRDにご依頼頂くお客様は基本的に壊れた本体からデータを取り出したいというご要望でご依頼頂いております。

受付時のヒアリング

今回店頭へお持ち込み頂きました。
受付時のヒアリングにて、データのバックアップを取得されていない状態で突然故障してしまい、データ復旧をご希望との事でFIREBIRDにご来店頂いた旨、お伺いいたしました。

お心当たり等は無く、操作中すこし放置していたら起動しなくなってしまったとのご申告です。

修理開始

まずは本体を起動させようとはせずに、漏電チェックを実施しましょう。

iPhoneに直流電源を繋いで、一瞬だけ電流を流しますと、大きくはないが起動は出来ないであろう量の漏電が確認出来ました。



画像の様に数字が緩やかに下がっていく状態です。

※通常のiPhoneでは、各回路を順番に正しく電流が流れたのち、電流値がおよそ1Aを超えると起動します。
一方、故障したiPhoneで回路が漏電している場合、数値である程度の故障箇所を区分けする事ができます。

一度サーモグラフィでチェックしたところ、熱くなっていたのはこの辺り。
07

「アンダーフィル」という糊状の黒い物質で固定されている箇所が多いため、こちらを除去し、チップ部品の状態が目視できるように作業して、改めて再度サーモグラフィでチェックしたところ、一瞬だけ発熱した箇所を確認出来ました。

サーモグラフィで撮った一瞬の発熱画像を参考に故障したコンデンサを特定し修復の作業を実施したところ、漏電が解消。

直流電源で起動する状態であることが確認出来ました。



基板の修理を実施し、起動するようになったらフレーム(本体)へ基板を戻して各部品と繋ぎ、部品側に問題が確認できなければ修理完了です。

故障原因によっては、基板修理後の動作チェックにて接続する部品側が壊れていることが判明する場合も多くあります。
その為、すべての部品を取り付けても起動するか?各部品が動作するか?までの確認をしっかり行った上で、修理結果をお知らせしております。

今回のiPhoneXS、無事にデータのバックアップ操作に問題ない状態(画面が映る、タッチが出来る、充電が出来る)まで復旧ができました。

このように、本体が比較的安定して起動する場合はお客様ご自身にてバックアップ操作を実施頂く事が可能となります。
お早目のバックアップ操作と新しいiPhoneへのデータ移行を確実に行って頂くことをご案内・お願いいたしましてのご返却となります。

データを取り出したい場合はぜひFIREBIRDへ

突然のiPhone起動不良により、起動しないiPhoneからデータを取り出したい。
修理店で直らないと言われたiPhoneに欲しいデータが入っている。
そんな時にはFIREBIRDへご相談ください。

起動してのご返却が出来ない状態まで損傷している場合でもデータの取り出しが出来る事もありますので諦めずにお問合せ頂けますと幸いです。

iPhone電源復旧

関連記事

  1. iPhone7(A1779)ホットカーペットの上で充電したら起動不良となった端末の復旧

  2. iPhone12mini(A2398)朝起きたら電源が入らなくなった端末の電源復旧

  3. iPhone11(A2221)再起動をかけたら起動しなくなった本体の電源復旧

  4. iPhone 7(A1779)発熱後に電源が入らない本体の電源復旧

  5. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧 

  6. iPhoneSE(A1723)過電流による回路チップ故障の端末復旧

お電話でのお問い合わせも可能です!