iPhone6(A1586)充電が切れた後起動しなくなった本体の電源復旧

FIREBIRDはiPhone3からデータ復旧のご依頼可能

FIREBIRDでは昔の機種のデータ復旧も承っております。
昔過ぎて依頼は出来ないかもしれないとあきらめず、お気軽にお問合せ、ご相談ください。

さて今回は、iPhone6の起動しなくなった端末からのデータ復旧をご紹介いたします。

充電が切れ、その後一切起動しなくなったiPhone

今回ご依頼頂いた本体は、充電が切れた為いつものようにケーブルを差し込んでもまったく反応がなくなってしまったとの事です。

お手持ちの充電ケーブルの他、別のケーブルで試してみても電源が入らなかったため、
お近くの修理店へ持ち込み、ライトニングコネクタ(充電部)とバッテリーの交換を試されたそうですが、症状は改善せず、FIREBIRDへご依頼頂きました。

早速本体の状態の確認します

ご依頼のiPhoneから漏電症状を確認

基板に繋がっているケーブルを全て外していき、本体から基板だけを取り出します。

サーモグラフィで確認


不自然に熱くなっている箇所が確認できます。
お客様にご記入いただく、故障詳細も参考に作業を進めていきます。

基板の修理はここからが本番

基板裏面に漏電が確認出来ない場合は表面も確認します。
表面は熱を通し辛い素材が貼られている金属プレートで覆われている為、そのままでは漏電場所を発見することが出来ません。
必要であれば基板表面のカバーを外します。

故障箇所を突き止めたら修理を実施、回路の不具合を解消していきます。

無事、起動


パスコードの入力画面までたどり着きました。

表示やタッチ動作、充電状況を確認後、1時間ほどのランニングテスト経て問題が無いことを確認いたしましたので、
修理はこれにて終了です。

このように、本体が比較的安定して起動する場合は当店にてバックアップはお取りせず、
iPhoneのみをご返送してお客様ご自身にてバックアップ操作を実施頂けます。

FIREBIRDではデータ復旧の為できる事を全部やります

修理環境下で本体が起動しても、各部品を組み立てたら起動しない、直接基板に電気を流したら起動するのにバッテリー部品では起動しない等、
お客様が操作できる状態に組み立てると起動しないという結果となる場合もあります。
そのような場合には、当店でiTunesバックアップデータが取得できるかの作業を実施し、
iTunesバックアップデータの取得が成功したら起動しない本体とデータをお渡しさせて頂くこととなります。

本体がお客様ご操作可能な状態までの修復が難しく、iTunesバックアップデータでの返却となる可能性が出てきましたら、
【 必ず事前に 】確認をさせて頂きます。
もちろん、欲しいデータがiTunesバックアップの範囲外である場合はその旨をお知らせ頂けましたら最大限ご希望のデータが取得できるよう、調査修理を実施しております。

起動しない、充電出来ない等、データが取れないiPhone電源復旧に関するご相談はFIREBIRD修理センターまでお気軽にどうぞ。

関連記事

  1. iPhone6(A1586)ゴーストタッチが発生している本体のタッチパネル復旧

  2. iPhone12mini(A2398)朝起きたら電源が入らなくなった端末の電源復旧

  3. iPhoneXS(A2098)起動しなくなった端末の即日電源復旧

  4. iPhone7(A1779)通常使用における起動不良となった端末の復旧

  5. iPhoneX(A1902)アップデート後に起動しなくなった端末の復旧

  6. iPhoneSE2(A2296)起床後に気づいたら電源が入らない本体の電源復旧

お電話でのお問い合わせも可能です!