iPhone8(A1906)本体が湾曲し気づいたら電源が入らなくなった本体の電源復旧

本体や基板が曲がっていても依頼できるの?

FIREBIRD修理センターです。

本日は、本体及び基板に湾曲があり、充電中気づいたら起動しなくなっていたiPhone8のご依頼をご紹介致します。

FIREBIRDでは本体及び基板が湾曲しているもの、損傷の激しいものでもご依頼頂く事が可能です。
データ復旧できる可能性が残されているかもしれませんので、「見るからにもう直らなさそう」とあきらめず、ぜひFIREBIRDへのご依頼をご検討ください。

湾曲しているiPhone8

さて、本題です。

お客様にご入力いただきました故障詳細では、
「基板が湾曲しているのが原因らしい」との記載がございまして、
街の修理店では起動には至らず、当店をご紹介されてのご依頼となりました。

早速端末(側面フレーム「枠」)から見てみましょう。


真ん中あたりが曲がっていることがわかります。

次に基板を見てみましょう。
上から見る分には普通に見えますが、

横から見ると端末(側面フレーム「枠」)と同じ部分が少し曲がっていることがわかります。

バッテリー表面にボコボコと凹凸状の損傷も確認できますので、

曲がっていること等も含め、iPhone全体としての損傷具合は大きいと判断しました。

iPhoneの強度

機種によりますが、iPhoneは構造上、側面フレーム「枠」の強度がしっかりと設計&製造されており、
石の上にピンポイントで落としてしまった等、一点に大きな力が集中するような損傷の仕方等でなければ、基本的に真っ二つになる、平らに潰れる等の事はございません。

基板さえ無事ならデータ復旧の望みがある

ご依頼の基板はやや曲がってはいるものの、基板自体に致命的な損傷はありませんでしたので引き続き調査・修理を行います。

基板に一瞬だけ通電をしてみたところ漏電が発生していました。

その際に撮影したサーモの写真がこちらになります。

基板の状態もしっかりと把握しつつ作業を進めます。

基板が起動

故障の主原因となっていた箇所の特定、修復作業が終わり、
再度基板に通電したところ漏電が解消されていることを確認しました。

修復した基板を本体に戻します

修復後の基板を本体に戻し、必要最小限のケーブルコネクタのみを接続して、電源を入れてみたところ、元々のバッテリーでは起動しませんでした為、
お客様には、

・部品交換をして起動した状態でのお返しか

・iTunesバックアップデータをUSB内に移行してのお返しか

ご希望をお伺いし、「LINEのトーク履歴やゲームアプリ等、引継ぎに端末上での操作が必要なデータをご希望」との事で部品交換にて作業を進める事となりました。

バックアップ操作に問題が無いかの確認

パスコードをお伺いし、各種動作確認をしましたところ、
一部スピーカー、一部マイク、明るさ自動調節/近接センサー機能、内側カメラがご利用いただけないことを確認しましたが、
バックアップ操作が可能な状態(画面が点きWi-Fi接続でデータ移行ができる状態)である事を確認できましたので、バッテリー交換を続行しました。

交換を終え、再度動作のチェックをし、充電も満タンまで溜まる事を確認しまして、修理は完了です。

データ復旧の可能性はゼロではありません

故障しバックアップが取れずに箪笥の肥やしになっているiPhoneや、
高所からの落下、車に轢かれた等で大破してしまったiPhone、
他店で修理不可と診断されてしまったiPhoneなどなど、
バックアップが取れずにお困りのお客様、お気軽にFIREBIRDへご相談ください!

iPhone電源復旧

関連記事

  1. iPhone8Plus(A1898)充電中に発熱し起動不良になった本体のデータ復旧

  2. iPhone8Plus(A1898)落下後に電源が入らない本体の電源復旧

  3. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らなくなった本体の電源復旧

  4. iPhone7(A1779)電源を起動させたらブラックアウトした端末の復旧

  5. iPhoneX(A1902)起床後に気づいたら電源が入らない本体の電源復旧

  6. iPhoneXS(A2098)起動しなくなった端末の即日電源復旧

お電話でのお問い合わせも可能です!