iPhone8(A1906)発熱後に電源が入らなくなった本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、iPhone8のご依頼をご紹介致します。

FIREBIRDではiPhone11のご依頼が増えてきており、iPhone6以前の機種は少な目になってきました。
時代の移り変わりを感じます。iPhone7、8はまだまだご依頼件数も多いのでお使いの方も多いのではないでしょうか。
私はバッテリー交換を3回ほどしつつ、未だiPhone8を使用しております。

Androidのスマートフォンは、バッテリー交換やフロントパネル交換を前提としていない作りになっていることが多く、部品を交換して長期間使用をする為に「iPhone」をご利用されている方も多いのではないでしょうか。

非正規も含め、部品交換を実施しているお店が多いのもiPhoneの魅力の一つであると認識しています。

しかし、交換すれば直るという認識でバックアップを取らずに使用を続けていると、部品交換で直らない故障の際には大変困ってしまいます。
FIREBIRDはそういった部品交換で直らない修理をメインにご依頼を承っております。

今回のご依頼ではiPhone8の使用中に突然発熱しシャットダウン。その後本体が冷めてから再度電源を入れようとしたものの起動しないという基板故障時に多い電源の落ち方をしているものとなっています。

まずは分解し、発熱した箇所が基板側だったのかを特定しましょう。

発熱箇所が2か所確認出来ますね。
複数箇所が発熱する場合は、2か所とも壊れているというよりも、片方が壊れている為にもう一方も発熱しているということが多く、さらにどちらが故障箇所なのかの判断が必要となります。

どちらの発熱箇所も見た目は綺麗です。
しかし、この中に故障した部品が一つだけありました。

一カ所の処置を実施するのみで、両方の発熱が収まる事を確認。そして計測数値も改善されていることを確認して起動確認へと進むこととなります。

今回の故障では、処置した一カ所以外には不具合は見つかりませんでした。
パスコードをお知らせ頂いてから動作確認を実施させて頂きましたが当店にて確認している全項目が問題無く使用できるという結果で安心して発送させて頂く事が出来ました。

発熱してから起動しなくなった、部品交換で直らないと言われた、そのような故障はFIREBIRDをご検討ください。
起動不良のiPhoneからデータが復旧出来る可能性があります。

起動不良、リンゴループの他、PCに接続しても反応しない場合や充電が出来ない不具合も、基板故障可能性があります。バックアップが取れなくて困っているというお客様、お気軽にFIREBIRDへご相談ください!

iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone 8(A1906)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧

  2. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

  3. iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

  4. iPhone7(A1779)以前使用していた機種からの写真データ復旧のご依頼

  5. iPhone8(A1906)水没後、発熱を伴って起動不良となった端末の復旧

  6. iPhoneXS(A2098)充電をしていたところ、いつの間にか電源が落ちていた端末の復旧