iPhone 6(A1586)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。

本日は、コンデンサとトランジスタの故障により起動不良となったiPhone6の修理をご紹介します。

iPhoneの基板の上には、充電やタッチ、表示等、各機能を司る比較的大きいICチップと、極小のコンデンサやトランジスタ、抵抗器等々がびっしり並べられています。

米粒サイズはかなり大きいチップであるといえるでしょう。
お手元に定規はありますか?

1mm幅を見てください。幅を示す為の線が描かれています。
その1本の線の幅が私たちFIREBIRDのスタッフが普段ピンセットでつまんでいるiPhone部品のサイズです。0.25mm程度ですね。もっと小さな部品もあります。

今回ご紹介するiPhone6は申告によると、充電がなくなった為、充電ケーブルに繋いでしばらく放置した後に本体を確認したところ起動しなくなっていたとのことでしたので、電源や充電に関連する場所を一つ一つ確認していきます。

焦げ、腐食等の目で見える跡はありませんでしたので、電源に繋いだ時に異常発熱しないか、数値に異常が無いかを確認することになります。

調査の結果、2つのコンデンサと1つのトランジスタに問題があることが判明しました。

コンデンサは電気を蓄える、放電する役目をしています。
トランジスタは信号の増幅とスイッチの役割を行っています。

それぞれ交換や必要な補修をし、数値が回復しているかを確かめて起動確認を行います。

まずはリンゴマークが表示されること。

リンゴマークが表示される=起動するとは判断できません。
リンゴループという症状が有名ですね。

リンゴのマークが点いては消え、点いては消えを繰り返す症状です。
その他にも、リンゴマークが点きっぱなしになったり、リンゴマークが一瞬だけ表示されて消えてしまったり、リンゴマークが正常に表示された後、起動しそうなタイミングで電源が落ちる等、リンゴマークは点くけれど起動しきらないという症状があります。


このように、パスコードの入力画面まで表示されても油断はできません。
パスコードの入力後にホーム画面に遷移せずに電源が落ちるという症状も存在します。

ホーム画面まで遷移できて、画面が触れること。
ここまで確認できれば、起動の仕組みに問題はないといえるでしょう。

充電が出来るか、バッテリーの減りの速さは?発熱していないか。ほかの機能は使用可能か?

動作確認の為にパスコードをお知らせいただけた場合には、カメラやマイク機能等にも問題がないかを確認した上で機能の使用の可、不可を報告させて頂きます。

パスコードが不明の状態であっても、画面の映り、タッチ、充電できるかどうかは確認できますので、前述したパスコード入力後に落ちてしまう不具合が発生していなければデータの取得が出来る状態まで回復したと判断できるでしょう。

あとはお客様の元へ本体到着後、バックアップを試して頂くのみです。
本体が到着した際に、バックアップが取れない状態で到着した場合はFIREBIRDにすぐご連絡ください。
可能な限りバックアップが出来るようサポートさせて頂きます。

iPhoneデータ復旧
iPhone電源復旧

関連記事

  1. iphone6p(A1586)画面が映らない本体のデータ復旧

  2. iPhone7(A1779)ホットカーペットの上で充電したら起動不良となった端末の復旧

  3. iPhoneXS(A2098)前兆もなく突然画面が暗くなって電源が切れた端末の復旧

  4. iPhone11(A2221)起床後に気づいたら起動しなくなっていた本体の電源復旧

  5. iPhone8Plus(A1898)起床後に気づいたら起動していなかった本体のデータ復旧

  6. iPhoneXR(A2106)落下後に画面が映らない本体のデータ復旧