iPhone7(A1779)以前使用していた機種からの写真データ復旧のご依頼

こんにちは。FIREBIRD修理センターの佐藤です。

今回は起動しないiPhone7 端末のデータ復旧をご紹介いたします。

「写真以外のバックアップデータがあるので、新しいiPhoneに買い換えたが、
 写真のバックアップデータが無いので、なんとか写真データを取り出してほしい」
というご依頼でした。

早速、端末の状態を確認します。

ご指摘通り、スリープボタン押しても何も反応なし。
ライトニングケーブルを繋いでも反応なしでしたので、
基板側に何らかの不具合が起きているようです。

基板に繋がっているバッテリーをコネクターだけ外し安定化電源に繋ぎ変えて、
起動するかどうかを確認してみます。
※何年も純正バッテリーを使い続けていると、バッテリーの過放電という可能性もあります。

すると安定化電源の電流計がすぐに大きく反応しましたので、数値を確認後、基板だけの調査に取り掛かります。

テストポイントを一つずつチェックしていくと、ある特定のラインが短絡しておりました。

ただし、今回は一目瞭然の壊れ方をしていましたので、計測だけ済ませて交換に取り掛かります。

iPhoneの基板上の部品は、当ブログでも度々登場している「アンダーフィル」という糊状の黒い物質で
固定されている事があります。
衝撃で半田面が剥がれないようにする役割もありますが、修理の際は、却ってチップ部品の状態が目視できないため、作業者にとっては、除去するのにやや手のかかる作業となります。

交換した部品を再度、保護材で再度固めていきます。

修理前に、漏電していた箇所を取ったサーモカメラ画像がこちらです。

SeekwareBlendModeNone

よく起動しない、画面が点かないというお客様で、詳細欄にその後本体が熱くなったという記述をいただきますが、
その発熱の原因の一つにこういった漏電が関係しています。

そして、バッテリーの残量を使い切るまで漏電が続き、やがて発熱が止まる頃にはバッテリーは空になっています。
そうするともう充電をしても、バッテリーに電気が行く前に基板側で消費されてしまうため、起動しない状態が続くという流れです。

当店では、基板の壊れた箇所を修復しまして、きちんと元の設計通りに電気が流れるようにしております。
iPhoneはメモリに写真データが格納されていますので、正常に起動さえすれば基本的に写真が消える事はありません。

パスコード入力画面までたどり着く事が出来ました。

上記のように、基板故障の影響でバッテリーの残量が殆どなく、
充電には時間がかかりましたが充電動作も問題なく機能しております。

今回は写真データだけの取り出しご希望のため、パスコードをお伺いしてのカメラ等各種機能の
動作確認は不要との事でしたので、現状ままでのご返却となりました。

当店ではお客様の大切な個人情報の入った端末を扱いますので、プライバシーマークも取得しております。
パスコードをお預かりいただいた場合も、チェック項目に則った機能チェックのみを行った後は、
すぐに発送梱包しますので、お客様のデータにアクセスする事もございませんのでご安心ください。
iPhoneデータ復旧ならFIREBIRD修理センターにお任せください

関連記事

  1. iPhone8Plus(A1898)充電したまま就寝し、起床後に起動しなくなった端末の復旧

  2. iPhone7(A1779)のバックライト復旧

  3. iPhoneX(A1902)使用中に突然起動しなくなった本体のデータ復旧

  4. iPhone8Plus(A1898)充電不良後に起動しなくなった本体のデータ復旧

  5. iPhone 7(A1779)他店で基板の問題と言われた起動出来ない本体の電源復旧

  6. iPhoneXS Max(A2102)自宅で突然起動しなくなった端末のお持ち込み修理