iPhone 6s(A1688)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。

本日は、充電をしながら操作していたところ画面が暗くなり、以降起動しなくなってしまったという症状のiPhone6sをご紹介します。

機械全般に言えると思いますが、想定外、許容外の電気が流れた時、その機械は壊れてしまう可能性があります。

想定外、許容外の電気が流れてしまうときとはどんな時でしょう。
想像がつきますか?

意外と日常生活に潜んでいます。
・非純正のケーブルを使っている
・モバイルバッテリーを使っている
・急速充電をしている
・充電が100%でケーブルをつないだまま使用する
・車のソケットで充電する
・濡れた直後の充電口にケーブルを刺す

皆さん、身に覚えのある行動だと思います。
もちろん、上記に挙げた内容を毎日しているけど大丈夫という方もいらっしゃいます。

ただし、ある日突然本体が起動しなくなってしまう可能性があるでしょう。
もしそうなってからバックアップを取っていなかったことに気づいたら、FIREBIRDをご検討ください。

今回ご依頼頂いたiPhone6sは、外観、内部ともに非常に綺麗な本体でした。

発売からかなり経過していますので大事に利用されていたことがわかります。
修理店等で開けた形跡もなく、水濡れの跡もなし、内部に汚れホコリもなし。
そんなiPhoneでも、ある日突然起動しなくなってしまうことがあります。

こんなに綺麗な状態でもショートしている箇所が1つだけ見つかりました。


こちらがショートしていて取り外した部品です。
本来であれば両端にはんだがぬられているべき部品となります。
銀色の部分がはんだです。片方は綺麗に銀色になっていますが片方は黒ずんでいますね。
黒ずんでいる方はショートし焼けた跡です。はんだが剥がれてしまっています。
このパーツは電源から全体に電気を流すラインの途中の部品で、その先に電気が通らず、起動しない状態になっていました。

このたった1つの部品交換で今回のケースでは起動しました。

基板背面のチップで、1カ所のみの損傷でしたので基板を取り付けて部品を戻したらこの通り、綺麗な状態で閉じることが出来ました。

綺麗な見た目で閉じられることは喜ばしいことです。

複数箇所の損傷や、金属の板で覆われている部分の修復をすると、内部を開けた際に見た目で開けたことがわかる外観となってしまいます。

可能な限り綺麗な状態でお返しできるよう心掛けてはおりますが、難しい場合もありますのでご了承ください。

iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone8Plus(A1898)充電不良後に起動しなくなった本体のデータ復旧

  2. iPhone12mini(A2398)使用中に突然起動しなくなった本体のデータ復旧

  3. iPhoneX(A1902)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧

  4. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧 

  5. iPhone8(A1906)充電で起動しなくなった端末のデータ復旧

  6. iPhone7(A1779)電源を起動させたらブラックアウトした端末の復旧