iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らなくなった本体の電源復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、原因不明で電源が入らなくなってしまったiPhone8の復旧修理をご紹介致します。

部品交換店に持ち込んでバッテリーとフロントパネルを仮付けしてみてもらったが改善せず、FIREBIRDにご依頼頂きました。

当店にご依頼頂くiPhoneは、水没や衝撃等、明確な故障原因があるものだけではなく、「いつの間にか」、「突然に」というお客様ご自身には心当たりがないものも多いです。

また、「ここしばらく頻繁に電源が落ちるようになっていたが、充電したら起動していたのでそのまま使用していた」や、「頻繁に容量不足の警告が表示されていたが無視し続けていた」等、このままだと良くない気はしていたが使えていたので使用を続けてしまっていたという心当たりはあるけれどそれが今回の起動不良の原因なのかどうかは確信が持てないというお問合せも数多く頂いております。

FIREBIRDでは、基板故障、システムエラー、部品故障までiPhone故障を幅広くカバーしています。
iPhoneが壊れたけれどバックアップを取得していない!という時にはFIREBIRDをご検討ください。

今回のご依頼品は「原因不明」でお客様に心当たりがない状態でしたので、まず本体の内部状態を確認しました。

心当たりがない場合でもフロントパネルを開けたら中から水が出てきたという事例もありますので、「原因不明」の起動不良の場合は通電せず、内部の目視確認からスタート致します。

内部に水濡れ跡はありませんでした。ホコリや目に見えるショート跡等も無く比較的綺麗目な内部状態です。

漏電はあり。
しかし、サーモグラフィで確認しても明確な発熱ポイントが見つからない状態でした。

裏返してもう一度サーモグラフィで確認したところ

薄っすらとメタルカバーの上端側が暖かくなっています。
メタルカバーを外して拡大して確認したところ、故障した部品が発見出来ました。

写真の中央のコンデンサなのですが、真ん中にひび割れが発生しています。
また発熱の結果か、ハンダにムラがあります。

こちらは限界まで拡大した状態なのですが、この部品は縦が1mm、横が縦の約半分といったサイズになっており、iPhoneの基板部品の中でも極小サイズの部品となります。

他の部品に囲まれた1mmサイズの部品のみを取り外し処置することで無事回路の値が正常に戻りました。

基板をフレームに戻して各部品の取り付けと起動確認をして修理完了です。

「原因不明」「部品交換で直らない」「基板故障」はFIREBIRDへお任せください。
ご依頼お待ちしております。

他店で修理不可

関連記事

  1. iPhone 6(A1586)他店の修理不可品本体の電源復旧

  2. iPhone8(A1906)発熱後に電源が入らない本体の電源復旧

  3. iPhone8(A1813)画面が出ない端末のデータ復旧

  4. iPhone7Plus(A1785)しばらく目を離していたら、起動しなくなった端末の復旧

  5. iPhone 6s(A1688)チップ損傷により他店で基板の問題と言われた本体のバックライト復旧

  6. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧