iPhoneX(A1902)充電してもリンゴマークから進まなくなった本体のリンゴループ復旧

突然iPhoneが真っ暗で起動しない

そんな時、まずは充電してみて改善するか試みる方が多いと思います。
突然電源が落ちてしまっても、充電しリンゴマークから先に進み起動した場合、
そのまま利用を続けてしまいますよね。
ですが、【突然電源が落ちる→充電→起動する】の症状が頻繁に発生する場合は要注意です。
実際に、「数日前から症状があり、充電してもリンゴマークが点かない、またはリンゴループから進まなくなってしまった」というワードは故障原因の心当たりとしてよく聞くワードです。

FIREBIRDでは様々なリンゴループ症状にも対応

リカバリ画面によるアップデートを試みたが失敗した等のリンゴループ症状でもFIREBIRDでは成功事例が豊富にございます。

今回のご依頼

ふと携帯を見ようとしたら電源が落ちていたiPhoneX。
数日前から症状はあったが充電を差すと無事起動していた為、利用を続けていたところ、
ある日、充電を差しても起動せずリンゴループから先に進まなくなってしまったそうです。
サポート等へのご相談の結果、ご依頼端末はリカバリ画面での到着でした。

ここからFIREBIRDの調査、処置により今回は回復画面と呼ばれる状態での起動となりました。

リンゴマークの先へ


無事のパスコード入力画面となりましたが点検/確認項目はまだまだあります。
お客様のご依頼品に元々取り付けられていたフロントパネルやバッテリー、ライトニングケーブル等の各部品を付けても起動するか、動作するか確認を行います。

バッテリーの状態や動作も要点検


今回、バッテリーにキズがあり、やや膨張しており、安全性、充電状況に問題ががあった為、部品の交換をご案内いたしました。

このようにお客様の本体に取り付けられた部品が故障しており、バックアップ取得操作に影響が出る状態であった際には当店で部品交換を実施するか、iTunesデータの状態でのご返却とするのかご相談させて頂いてその後の作業を決定します。
もし部品交換をご希望される場合には部品交換代金を別途頂戴しております。
また、当店はデータ取得の為の修理が原則となる為、カメラやスピーカー/マイク等のデータ取得に関わらない部品の故障交換についてはお勧めしておりません。

リンゴループには様々な原因や症状がある

一口にリンゴループといいましても、リンゴループに至るまでの原因は様々です。
なんとなく「システム系統の不具合なのかな?」とイメージされる方も多いかもしれませんが、ハードウェア(基板)が原因でのリンゴループ症状も多くございます。
リカバリ画面の状態でのご依頼も承ることができますので、是非お気軽にFIREBIRDへご依頼ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。
iPhoneリンゴループ復旧

関連記事

  1. iPhoneX(A1902)アップデート後に起動しなくなった端末の復旧

  2. iPhone SE(A1723)リンゴループ状態本体の復旧

  3. iPhoneX(A1902)バッテリーを自身で交換したら起動しなくなった端末の復旧

  4. iPhoneX(A1902)他店舗で修理不可と判断された起動しなくなった本体のデータ復旧

  5. iPhone 7(A1779)原因不明でリンゴループとなった本体のリンゴループ復旧

  6. iPhone8(A1906)再起動後にリンゴループとなった本体のリンゴループ復旧

お電話でのお問い合わせも可能です!