iPhoneX(A1902)使用中に突然起動しなくなった本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
今回は、使用中に突然電源が落ちて使用できなくなったiPhoneXのデータ復旧修理についてご紹介致します。

使用中に電源が急に落ちるとびっくりしますが、さらにその後に起動しないとなると焦ってしまいますね。
しかし、ここで慌てずに確認しておくべきことがあります。

★最新のバックアップは何年の何月何日?

店頭やお電話にてお話をお聞きした際に、「バックアップを取った記憶が無いのでバックアップは無いと思います」というご返答を頂く事があります。

iPhoneはバックアップが一定期間取得されていないと以下のような警告メッセージが出るようになっています。
「このiPhoneは過去○○週間バックアップが作成されていません。」
このメッセージがもし出ていないのであれば、過去にiCloudの自動バックアップ設定を実施している可能性があります。もしかしたらiCloudに欲しいデータが保存されているかもしれません。

その為、バックアップが本当に取れていないことを確認頂いてからのご依頼をお勧めします。

iCloudに保存されたデータはパソコンや他端末からAppleIDとパスワードを利用して確認することが可能です。

最後のバックアップが数年前等、かなり以前のものしか無いとなった場合にはFIREBIRDの基板修理でデータ復旧をご検討ください。

今回ご紹介するiPhoneXはAppleストアで修理が出来ない故障であること、バックアップが保存されていないことを確認した上でのご依頼でした。

原因は漏電。

2枚張り合わされたiPhoneXの基板上層側に問題が発生している様子でした。

iPhoneXの上層は表裏、両方にチップがあり、基板自体も薄めの為、サーモグラフィでは表裏どちらから熱は発生しているかの判断が難しいです。
位置から推測して故障箇所の特定に進んでいく事となります。

数値が改善し、起動が確認出来ました。
2枚に分割した基板を張り合わせてタッチや充電等、起動以外に必要となる機能が動作するか確認してから本体フレームに組み込んで修理完了です。

ご自身でバックアップが取得可能な状態まで修理することが出来ました。

充電が出来ない、バッテリーでは起動出来ず直流電源でのみ起動する等、お客様のご利用環境下では継続した起動が出来ない状態の場合は、当店にてiTunesバックアップをお取りしてバックアップデータを返却させて頂くこともあります。

その為、iTunesバックアップでは取得出来ないような、アプリを起動して個別にバックアップを作成する必要があるタイプのゲームやLINEのトーク履歴、暗号資産(仮想通貨)アプリ等のデータが「最優先」でご希望という場合にはご依頼時にその旨、記載またはお知らせください。
起動しなくなってしまったiPhoneからのデータ復旧はぜひFIREBIRDへ!
ご希望の「データ」を取り出せる可能性があります。

iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone 6s(A1688)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧

  2. iPhoneX(A1902)バッテリーを自身で交換したら起動しなくなった端末の復旧

  3. iPhone7Plus(A1785)他店で基板の問題と言われた電源が入らない本体のデータ復旧

  4. iPhone SE(A1723)起動出来ない本体の復旧

  5. iPhone8Plus(A1898)充電不良後に起動しなくなった本体のデータ復旧

  6. iPhone 7(A1779)ショート跡があり起動出来ない本体のデータ復旧