iPhone7Plus(A1785)水没により起動出来ない本体の水没復旧

夏に増える水没

夏には水没のご依頼が増加します。
お風呂、プール、海、川、雨、洗濯機、洗面所等、水没理由は様々です。

水没は部品交換だけでは直らない?

水没し壊れてしまったiPhoneについては、部品交換のお店に持ち込んでも直らないケースがかなり多いかと思われます。

それは、本体内部に水が浸入してしまうと、部品だけではなく基板まで壊れてしまうからです。

部品交換で直らなかったiPhoneはFIREBIRDへ

水没機体の場合、まずは内部の水を除去、乾かす事が大切です。ぜひ最寄りの部品交換店にて分解し、乾燥作業をして頂きましょう。
そして、その店舗では「直りません」と診断されたら基板修理技術の高いFIREBIRDへご依頼ください。

水没した本体の基板は分散した複数の箇所が壊れている場合がある


今回のご依頼品はiPhone7P、お風呂に落としたとのことでした。初期チェックにて電流の流れを確認したところ、若干の漏電を確認しました。
水没した本体でこの状態となっている際にはかなり基板が痛んでいる場合が多いです。

基板上の部品に錆びと腐食が発生


画面中心のICチップそして近くのコンデンサ部品から錆びや腐食が発生していることが確認できます。
今回の錆びや腐食は目視でも確認できる程でしたので、この辺り一帯が壊れている可能性がありました。

数値で損傷個所を特定する


こちらは故障した回路の抵抗値を計測したものです。本来320~350くらいの数値であるはずの箇所を計測したのですが165というほぼ半分の数値となっています。
このように見た目、数値によって故障箇所を特定し、除去や交換等の処置を実施して基板の修復作業を実施します。

少量の交換では修復しなかったり、基板全体に腐食が拡がったりしている場合には、基板移植と呼ばれる作業にて、iTunesデータとしてのデータ取り出しを実施する必要が出てきます。

バックアップは定期的に取得しましょう


当店で修理し、起動するようになった本体については出来るだけ早くバックアップを取得するようにお勧めしております。
今までiCloudでバックアップを取得したことが無いという場合には、まずはパソコンに繋いでのiTunesバックアップをお勧め致します。

iCloudのバックアップは、設定さえしておけば毎晩寝ている間にバックアップを取得してくれる嬉しい機能ですが、初回のバックアップ時や大きい容量をバックアップする際にはWi-Fiの速度が不足している、iPhone側の処理がエラーになった等の理由によりバックアップに失敗することがあります。
また、Wi-Fiの速度にもよりますがいきなりすべてのバックアップを取るとなると丸々1~2日かかってしまうことも。
iCloudのバックアップがエラーになる、時間がかかるときにはぜひiTunesバックアップをお試しくださいね。
もし、iCloudもiTunesでも失敗するとなりましたらFIREBIRDにご相談ください。
手を尽くさせて頂きます。

水没復旧

関連記事

  1. iPhone SE(A1723)水没により電源が入らない本体の電源復旧

  2. iPhone 8(A1906)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧

  3. iPhone7Plus(A1785)しばらく目を離していたら、起動しなくなった端末の復旧

  4. iPhone6s(A1688)お風呂に落としたあと電源が入らなくなった本体の水没復旧

  5. iPhone8(A1906)耐水仕様でも内部に浸水してしまった端末の復旧

  6. iPhone6s(A1688)洗面所で温水に浸かってしまった端末の復旧