iPhone6s(A1688)お風呂に落としたあと電源が入らなくなった本体の水没復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
今回はお風呂での入浴中、浴槽に落としてしまったiPhone6sのご依頼をご紹介致します。
落としたあと暫く使用出来ていたのでそのままにしたところ起動しなくなってしまったとのことでした。

このお風呂没、ここしばらくご依頼が増えています。
寒くなってきたこともあり、お風呂にゆったり浸かってリラックスされる方も多いこととは思いますが、水没には要注意です。

最近のiPhoneのCMでは、雨や泥水にiPhoneが晒されるようなものが流れていますが残念ながら浸水による故障はAppleの保証対象外となります。
また、そのままではなくジップロックに入れるから大丈夫ということでもありません。

繰り返し使用することでジップロックが劣化して隙間から浸水ということもありますが、袋の中と外の温度の違いによって袋の中に結露が発生し、その水分で故障するということもあります。

冬の窓をイメージすると分かりやすいかもしれません。
窓を開けていなくても窓の内側が水滴でびちゃびちゃになってしまうことがありますね。
ジップロックの袋の中、そしてiPhoneの本体内部でも同じような現象が発生することがあります。

ご依頼品は内部を確認したところ、既に部品交換を取り扱っている店舗で乾燥の作業を実施したようで、水分は残っていませんでした。

しかし、このように明確に錆び、焦げが発生してしまっている箇所が複数存在する状態でした。

故障箇所を特定しつつ、錆びや焦げが発生している箇所を清掃し、必要であれば処置を実施します。

電源のメイン回路となる部分の確認と修復が完了したら通電して起動するかの確認となります。

ここで、起動しているはずの電流が流れるものの画面が映らない状態であることが判明しました。
パネル側の問題ではないことを確認して、基板由来の症状である事を確認したら更なる調査に進みます。

フロントパネル部品を取り付ける場所である基板のコネクタ側、表面にあたる方を確認したところ、こちらにも腐食が拡がっていることを発見しました。

画面の表示に関わる回路を調査したところ、数個の部品が焼けており、うち一つの小さなICについては接地面が焦げて失われていました。

故障箇所を修復したら再度テストパネルを取り付けて状態が改善したかを確認します。

修理成功、起動と画面の点灯、タッチ操作が効くことが確認出来ました。
水没も故障もしない方が良いに越したことはありませんが、突然の故障はどうしても発生します。
バックアップが無いのに故障してしまったという際にはぜひFIREBIRDで水没復旧水没復旧、データ復旧をご検討ください。

関連記事

  1. iPhone 7(A1779)水没により電源が入らない本体の電源復旧

  2. iPhone 6s(A1688)基板損傷によりバックライトが表示されない本体のバックライト復旧

  3. iPhone7(A1779)水没により電源が入らない本体のデータ復旧

  4. iPhone SE(A1723)水没により電源が入らない本体の電源復旧

  5. iPhone6s(A1688)強制再起動で本体反応が無くなった端末の復旧

  6. iPhoneSE2(A2296)水没後に充電をしてしまった端末の復旧