iPhoneXR(A2106)起床してしばらく使用後に起動しなくなった端末のデータ復旧

こんにちは。FIREBIRD修理センターの笹山です。

本日はiPhone XRの起動しなくなった端末のデータ復旧をご紹介いたします。

ご多分に漏れず、こちらのお客様iPhoneも充電中にふと見ると起動しなくなっていたそうです。
当日の朝までは目覚ましアラームのためタイマーをセットして使用していましたので、
起きてからの充電中に故障してしまったものと思われます。

お客様にお伺いしますと本体は買い替え済みなものの、LINEトークの履歴を消したくない&
大切な写真がバックアップできていないので何とかしてほしいとの事でした。

充電中の突然のシャットダウンに関しては、おおよそ基板回路の漏電が原因となっている事が多いです。
ただ、中には漏電の影響がiPhoneの頭脳部である「CPU」やデータの格納されているNAND「メモリ」にまで
到達していると「アウト」となり当店でもデータの復旧は不可となります。

今回届いたiPhoneXRの基板をテスターで調査しますと、基板の電源ラインにおいて導通が無い事を
確認しました。ラインが切れているわけではなく、あくまでも電気が通らないという状態でしたので、
電気が通るようにする事が当店の「シゴト」となります。

レントゲン撮影と同じく、サーモを使ってどのあたりで詰まっているかをまずは見当をつけるところから始めます。
1回目では発熱して当然の場所以外特に気になるところは見当たりませんでしたので、テイク2も試しましたが結果は同じでした。

基板深層部は銅線だらけですので、発熱があっても瞬く間に全体に伝搬しますので、
サーモを使ってのスクリーンショットを取るのも実はコツがいります。

基板の表面をカバーしているステンレスカバーが付いたままでは分からなかったので、カバーを外して撮影したのが次の写真です。

やはり気になる発熱は見当たりません。

このiPhoneXRの機種にはよくある事ですので、カバーを(表裏合わせて4枚)全て外し、
少し手を加えて再度調べると、目詰まり箇所がハッキリと見えてきました。
レントゲンでの造影剤を飲んでの検査のようですね。

今回のお客様iPhoneは残念ながら、起動はしたものの、充電機能に不具合が出ておりましたので、
修理環境下でのデータ取り出しとなりました。

データ容量が100GB近くありましたので、当店のWi-Fiからアップロードするのに二晩ほど要しました。
※備考:営業時間中は当店の通信回線に負担をかけないようアップロード作業は中断をしております。

LINEトーク履歴につきましても、スタッフがお客様に承諾を得たうえで設定から「今すぐバックアップ」を操作をして
バックアップを無事に残す事ができました。
写真内のすぐ下にあります【バックアップ頻度】の項目も「毎日」と変更しておきました。これでもうデータは安心です!

万一のiPhoneデータ復旧に関してのお困り事がありましたらFIREBIRD修理センターまでご相談ください。

関連記事

  1. iPhone SE(A1723)起動出来ない本体の復旧

  2. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

  3. iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

  4. iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

  5. iPhone 6s(A1688)ショート跡があり起動出来ない本体の電源復旧

  6. iPhone 7(A1779)発熱後に電源が入らない本体の電源復旧