iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧

こんにちは、基板復旧サービス担当の佐藤です。

今回ご紹介致しますのはiPhone6の起動不良の症状となります。

画面が映らず、内部で起動している様子も見受けられません。
試しにテスト用のパネルに付け替えてみましたがお客様のご申告通り、全く起動しない状態でした。

部品交換で起動に至らないことが確認出来ましたので基板側の故障と判断し、基板の状態確認へと進みます。

目視で点検しながら本体から基板の取出し作業を行いますが、今回のケースでは基板上に目視出来る故障に繋がる不具合(腐食や欠損)は見受けられませんでした。

本体から取り出した基板を細かく調べてまいりましょう。

まず、基板にフロントパネルのみを取り付けた仮付け状態での動作チェックです。

起動には至らないものの、動作電流を監視したところ、電流の数値はほぼ正常値でした。
電流は正常に流れているが起動しないとなると、起動の為に必要となる箇所の不具合が考えられます。
続いて、基板上の各チップ部品を順を追ってテスターでくまなく調べます。

今回の故障は起動にまつわる不具合ですので、バッテリーから電源ラインの電圧並びに回路上を見落としが無いように一ずつ調べる事となります。

順番に確認したところ、あるチップ部品の一つの位置でオープン(繋がるべき部分が繋がらない状態)となっていることが判明しました。
該当箇所の周囲部品が短絡していないか確認しましたが問題が無いようだった為、起動に関連するチップ部品の単独のトラブルと判断し交換する事にしました。

基板に組み込まれているチップのサイズとしては一番小さいサイズとなります。
交換後は仮組の状態で起動テストを行います。

正常に起動、動作を確認する事が出来、起動時における電流の数値も正常に戻りました。
テスト時に外したシールド板をキレイに取り付け、慎重に本体に戻し、ネジも不足無いよう取り付けます。

組み込んだ後起動させ、再度の動作確認を行います。

バッテリーの残り残量が極わずかでしたので充電出来るかの確認も行いました。

今回の事例では特に落下など衝撃は無かったとの事で、突発的に発生した症状となります。
落としてしまった。水濡れさせてしまった。という場合以外にも、不意の故障はいつ起こるか判りません。
案外分かっていても中々難しい所もありますが大事なデータは普段からこまめにバックアップを取得されることをお勧め致します。

データ復旧

関連記事

  1. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧 

  2. iPhone6s (A1688)充電できない本体の電源復旧

  3. iPhone6(A1586)漏電が発生した本体の復旧

  4. iPhone6(A1586)タッチパネルが反応しない本体のタッチパネル復旧

  5. iPhone6s(A1688)のバックライト復旧