iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。

本日は、他店舗に持ち込んだが直らなかったということでFIREBIRDにお持ち込み頂いたiPhone6sの起動不良の修理をご紹介致します。

こちらは、iPhone6sはお客様の最寄り店舗にて画面の仮付けを試してもらったが起動しなかったとのことです。

お預かりした本体は、まずは申告の症状通りの状態になっているのかを確認することになりますのでひとまずフロントパネルを取り外します。
フロントパネルの取り外し後は電源の動作や電流値の確認に移るのですが、ここでフロントパネルを取外したコネクタの差込口に違和感を覚えました。

基板の修理では高温の熱を加えることになりますので、
調査の段階ではありますがまずは本体フレームから基板を取り外します。

取り外し後の状態で並べてみました。
ネジやカバー類はそれぞれ小さなケースへ分別し、フロントパネルや本体フレーム側はケーブル等が損傷しないようこちらもケースに入れて保管します。

基板単体で起動が確認出来てから、戻す形になります。

独立させた基板を顕微鏡で確認して違和感の原因を探りましょう。
目視で違和感があったということは基板にとってはかなり大きな損傷があるはずです。

顕微鏡で拡大すると、コネクタの差込口に並んでいるピンの一つ(写真の中央のピン)だけが大きく歪んだ形になっていることが確認できました。

これではフロントパネル部品と基板を正常に繋げることができない為、画面を正常に映すことができません。
この小さな沢山のピンには一つ一つ異なる役割が割り振られている為、一つのピンに問題が発生したら他のピンが代わりになるということが出来ません。

また、ピンセット等で曲げなおすと顕微鏡で見てこのサイズですので当然、折れてしまうこととなります。

今回のように複数の中の一つのピンに損傷が発生した場合はコネクタの差込口そのものを交換して対応致します。

コネクタの差込口の交換後は、数値が問題無いことを確認しお客様のフロントパネルで正常に起動するか、映るか、タッチできるかをチェックします。
問題がまだ発生している場合には、その問題がフロントパネル側なのか基板側なのか、問題箇所を特定し対処を行います。

今回の場合は、コネクタ差込口の交換のみで無事起動し動作も問題が無いことが確認出来ました。

これにて修理完了。
お客様へ返却の準備へと移ります。

他の修理店でお断りされた起動不良のiPhoneでも、FIREBIRDなら起動させられる可能性があります。
大切なデータが取り出したい!という際にはぜひFIREBIRDをご検討ください。

他店で修理不可
データ復旧

関連記事

  1. iPhone6s(A1688)落として画面が割れただけで、起動しなくなった端末の復旧

  2. iPhone6(A1586)漏電が発生した本体の復旧

  3. iPhone8Plus(A1898)パソコンに繋いでも反応しない端末のデータ復旧

  4. iPhone6s(A1688)強制再起動で本体反応が無くなった端末の復旧

  5. iPhone 6s(A1688)チップ損傷により他店で基板の問題と言われた本体のバックライト復旧

  6. iPhone11Pro(A2215)本体が発熱した後、起動しなくなった端末の復旧