iPhone 6s(A1688)チップ損傷により他店で基板の問題と言われた本体のバックライト復旧

こんにちは、FIREBIRD佐々木です。

本日は、他店にて基板の問題の為に修理出来ないとの返答をもらった本体のご紹介です。
届いたiPhone6sを起動して確認しましたところ、バイブレーションは作動しており本体の起動はしていると判断できます。
強い光をあてたところ薄っすらと液晶の表示されていることを確認しました。


iPhone6sはフロントパネル側と基板側、双方にバックライトと呼ばれる液晶を裏側から照らして表示される機能が配置されているのですが、このバックライト機能が故障しやすい傾向があります。

フロントパネル側のみの故障であればフロントパネルの交換のみで修理が可能です。
そうであれば普通の部品交換をしている修理屋さんで修理可能です。

しかし、基板側が故障してしまった場合は新しいフロントパネルを取り付けても症状は改善しません。

お預かりした本体へ新しいフロントパネルを取り付けてみましたが症状は改善せず、基板の故障であると考えられます。

分解して確認したところ、フレーム裏側にショートした跡が確認出来ました。

基板側を確認しましたが、基板側には見た目でわかる損傷はないようです。

表裏、バックライト機能に影響するチップを中心に調べたところ、1つのチップが欠けていることが判明しました。

ショートの影響か、または落下等による損傷か、チップが欠けてバックライトが機能していない状態のようですね。

欠けたチップを取り外し新しいチップに交換して挙動を確認します。

お客様のフロントパネルで確認したところ、起動直後はバックライトが点くもののすぐに消えてしまいます。
これは、基板側がショートする際にフロントパネルのバックライト機能まで失われてしまった例です。

新しいフロントパネルを取り付けるとご覧の通り、綺麗に液晶が照らし出され、表示されることが確認できました。

今回のように、基板の復旧以外に部品の交換が必要になった場合は、部品交換代が加算されますのでお客様にご連絡し、了承を得た後に修理を進めさせていただきます。

バックライト機能が失われた場合、最初の写真でご紹介した通り、強いライトで照らすことで薄っすらと画面は表示されます。

その為、バックライトが失われたままでも、たとえば友達のiPhone等と並べて操作する等でバックアップを取得することは可能です。
しかし、限りなく見えづらい状態となる為、ゲームやアプリ等のiCloudではなくそれぞれ独自のバックアップが必要となる場合はバックアップを取得する操作を行うことが大変難しいです。

ライトで照らしてみたけど難しい場合にはFIREBIRDでサクサクとバックアップを取れる状態に復旧することが可能ですので今回ご紹介した本体と同様の症状となってしまった際はぜひFIREBIRDをご検討ください。

バックライト復旧
他店で修理不可

関連記事

  1. iPhone6s(A1688)充電中にブラックアウトしてしまった端末の復旧

  2. iPhone6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された起動出来ない本体の電源復旧

  3. iPhone6s(A1688)落として画面が割れただけで、起動しなくなった端末の復旧

  4. iPhone8Plus(A1898)就寝中に充電器に挿しっぱなしで起動しなくなった端末

  5. iPhone7(A1779)のバックライト復旧

  6. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧