iPhone6Plus(A1524)ひと晩中の充電で起動しなくなった端末の復旧

こんにちは。FIREBIRD修理センターの佐藤です。

今回はiPhone6Plusの起動しない端末の復旧事例をご紹介いたします。

こちらの本体、就寝前に充電し、朝になって見たところ全く起動しなくなったとの事で
一度街の修理屋さんでバッテリー等を換えてもらったが症状が改善しなかった為、当店にご依頼いただきました。

早速本体の調査に取り掛かります。

当店の直流電源に繋ぐと、すぐに漏電がある事が分かりましたので、
漏電箇所の特定に入ります。

通常の電源でプラスとマイナスが長時間繋がってしまうと、電源その物が破損してしまいます。

しかし、iPhoneの場合は、ブレーカー機能となるチップコンデンサーが電源ラインに多く繋がっており、
ひとたびショートが起こっても、その先の主要部品までが損傷しないように緻密に計算されております。

ただ、主要部品への電流が滞ってしまう事は、その先の回路が機能しない事になり、それが起動に関する回路だった場合は
今回のような起動不良となります。

今回は基板裏側のバッテリー電源回路内のショートである事を突き止めました。
不具合箇所の修復を行います。

基板上の不具合が解消できましたので、基板を本体に戻して試運転に入ります。

ほぼ丸一日ショート状態だったバッテリーの電圧を測定すると、
定格の出力電圧から、ほんのわずかに低下していただけで、
予備充電すること無く、通常のライトニングケーブルからの充電ですんなり起動、動作してくれました。

充電中の電流値から、バッテリーへの充電動作も安定している事も見て取れました。
ある程度溜まった後はバッテリーのみでの動作確認を行います。

あらかじめパスコードをお伺いしておりましたので、最後に各パーツの機能面の動作確認を行いチェックシートに記録します。

幸い、今回のケースでは不具合を起していた所が一か所だけで済んだ事もあり、機能的には何ら欠損する事無く、復旧する事が出来ました。

電源復旧でお困りの方、街の修理屋さん等、他店で修理不可と言われた方はぜひFIREBIRD修理センターにお問い合わせください

関連記事

  1. iPhone 8 Plus(A1898)チップ損傷により電源が入らない本体の電源復旧

  2. iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

  3. iPhone 6s(A1688)チップ損傷により他店で基板の問題と言われた本体のバックライト復旧

  4. iPhone 7 Plus(A1785)水没により起動出来ない本体の電源復旧

  5. iPhoneX(A1902)本体発熱から起動不良になった端末の復旧

  6. iPhone 6s Plus(A1687)他店舗で修理不可と判断された充電できない本体の電源復旧