iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、就寝前に充電ケーブルに繋ぎ、充電が開始されたことを確認後に就寝したところ、朝には起動しない状態になっていたiPhone8の修理をご紹介致します。

故障端末はご自宅近くの修理店に持ち込んだものの修理不可という結果になってしまったそうです。

買い替えを検討したものの、iCloudにバックアップが取れていないことが判明しFIREBIRDにご依頼頂いたという経緯でした。

やはり、iPhoneが故障して起動しなくなった場合に心配なのは「データ」です。
「写真/動画」「連絡先」「LINE」「ゲームアプリ」等々、何気なく使用しているそのアプリやデータは「いつ」「どこに」バックアップが保存されているのかご存じの方は少ないようです。

例えばゲームの場合、
・LINEやGoogle等でアカウントの連携をしておけば自動でデータが保存されるタイプ。
・メールアドレスや電話番号等での会員登録や認証が必要なタイプ。
・アプリ内の指定箇所に表示される文字列や操作が必要になるタイプ。

大体は上記3タイプに分かれるかとは思いますが、
最後のゲームアプリ内の指定箇所に表示される文字列や操作が必要になるタイプの場合は、壊れたiPhoneが起動して操作可能な状態にならないとデータを引き継ぐことが出来ません。

アカウント連携やアドレス等の登録タイプの場合も、どのメールアドレスで、どんな暗証番号で登録したのか忘れてしまったとなった場合にはもちろん壊れたiPhoneを起動して操作する必要が出てきますね。

ご自身が今、やりこんでいるそのゲームはどんな引継ぎ方法、データバックアップ方法でしょうか?

もし、ぱっと思い浮かばなかった場合にはぜひ確認してみてください。

さて、今回の修理のお話に戻りましょう。
寝て起きたら起動していなかったケースではまず疑うのはショートによる漏電です。

本体を分解し基板を取り外しながら確認したところ、フロントパネルや基板には水没跡もなく比較的綺麗な状態でした。

サーモグラフィで記録を取りながら漏電を確認したところです。
基板上部の細長く横に渡っている部分が発熱しています。

発熱していた場所がこちら、変色しています。
変色箇所の状態を確認し、損傷を確認。

基板のみの状態で再度漏電チェック。

画面下部の数値が0のままなので漏電が解消されたことが確認できます。

その他部品を取り付けて起動、動作を確認し、問題無ければ修理完了。
発送後にはお客様が早めにバックアップを取得してくれることを願いつつ梱包へ進みます。

データ復旧

関連記事

  1. iPhone6(A1586)漏電が発生した本体の復旧

  2. iPhone8(A1813)画面が出ない端末のデータ復旧

  3. iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

  4. iPhone 8(A1906)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

  5. iPhone 6s(A1688)基板損傷によりバックライトが表示されない本体のバックライト復旧

  6. iPhone6s(A1688) 洗濯機の中で浸水した端末のデータ復旧