iPhone 6s Plus(A1687)他店舗で修理不可と判断された充電できない本体の電源復旧

こんにちは、FIREBIRD佐々木です。

本日は、充電できなくなった為、修理店に持ち込んでみたが修理不可ということでFIREBIRDにご依頼頂いたiPhone6s Plusの修理をご紹介します。

ある日、突然iPhoneが充電できなくなった為、まずはお近くの修理店に持ち込んでみたとのことです。
その店舗では、バッテリーと充電口の仮付けを行ったが改善せず。
基板原因での故障による修理不可という結果で返却されたとのことでした。

到着したiPhoneを早速確認しましょう。
修理店舗が行うように、バッテリーと充電口、いわゆるライトニングケーブルを取り付けて確認します。

起動は問題なく行えますが、充電ケーブルを差し込んでも充電マークは点灯せず、iPhone側がケーブルに一切の反応を返していません。

やはり、基板が原因の故障であると判断できます。

基板を取り外して、充電に関連する箇所を一つ一つ調べます。

こちらはライトニングケーブル、充電の部品を取り付けるコネクタの口になります。
汚れを洗浄しながら、破損、ショート等の形跡がないかを確認してまいります。

そして基板の極小さなチップを見ていきましょう。
充電に関連するICチップやコンデンサ、抵抗等、各部品を順番に確認します。

顕微鏡で確認するのですが、見た目では損傷個所はありませんでした。
電気も問題なく全体に通っている様子。

しかし、電源に繋いで起動し、基板の温度を確認したところ充電に関係するICチップの一つが異常発熱する事が確認出来ました。

ICチップそのものは外側から数値を測る事が出来ません。
今回は異常発熱する症状が発生していたため、不具合が発生したICチップの特定が比較的容易に出来ました。

原因となっていたICチップを交換したところ、無事に症状が改善。
充電ケーブルに反応するようになりました。
充電の%も問題なく進んでいきます。

本来熱くならない箇所が熱くなる場合は、その部分でショート、故障している可能性が高いです。

・iPhoneを使用していたら急に熱くなって本体が落ちることがある。
・最近、充電しながらゲームをしていると本体の一部が異常に熱くなる。

こんな症状、感じていませんか?
そのまま使用し続けると、突然起動しなくなってしまうかもしれません。

起動しなくなってしまう前にぜひバックアップを取得しておきましょう。
バックアップしていないのに起動しなくなってしまった、という際にはぜひFIREBIRDをご検討ください。

iPhoneデータ復旧
他店で修理不可

関連記事

  1. iPhone 6(A1586)他店の修理不可品本体の電源復旧

  2. iPhone 6s(A1688)チップ損傷により他店で基板の問題と言われた本体のバックライト復旧

  3. iPhoneXS Max(A2102)自宅で突然起動しなくなった端末のお持ち込み修理

  4. iPhone8(A1906)朝起きたら画面が映らなくなっていた本体のデータ復旧

  5. 旧 iPhone SE(A1723)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧

  6. iPhoneXS(A2098)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体のデータ復旧