iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、画面が点かなくなってしまった旧iPhoneSEの修理をご紹介いたします。

故障した際の状況としては、iPhoneでゲームを起動して操作していたところ、画面が暗くなって起動しなくなってしまった。

心当たりとしては、何度か衝撃を与えてしまったことがあるとのこと。

到着した本体を分解して、まずは現状の確認を行います。
フロントパネルは経年劣化により変色が見られ、内部は若干の水没跡とホコリの混入がありました。
フロントパネル、バッテリー共に純正品ではありましたが、バッテリーには皺が寄っており、劣化を感じられる見た目となっていました。

見た目のチェックが完了したら次は数値の確認を実施します。

漏電は無し。

次にスリープボタンを押した時の数値の変動を見ますが、起動していそうな数値の変動が確認できました。

フロントパネルを取り付けて再度起動を試します。

こちらはフロントパネルの裏側ですが、表示領域の端から光が漏れているのが確認できます。こちらはバックライトが点いている状態です。

しかし表側は黒い画面のままです。

バックライトが点いているものの液晶表示がされない症状であることが確認できました。
そして、この状態のときに基板の一部が異常発熱していることが確認できました。

サーモグラフィで撮った画像がこちら

フロントパネルを取り付けて起動しようとしたときにのみこの部分が熱くなっていました。

熱くなっていた場所がこちらです。
細かな部品がびっしり並んでいる部分となっていて、発熱箇所、故障個所の特定に少々時間がかかりましたが、損傷個所を発見し回路修復を実施することが出来ました。

直接電気を基板に流しての起動が確認できた場面がこちら。
この状態で起動する、映る、タッチ出来ることが確認出来てからお客様の本体、部品を取り付けた際に問題無く起動するかの確認に移ります。

今回は、バッテリーの劣化により起動し続けることが出来ない状態になっていた為、追加料金にてバッテリーの交換を実施することとなりました。

FIREBIRDではデータの救出を主目的としている為、データ取得に必要ない部品交換はお勧め致しません。
しかし、今回のようにデータ取得の為には追加料金での部品交換が必要となる場合があります。
その際は、お客様にお見積りを提示し、ご相談の上で交換を実施させて頂いております。

iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone8Plus(A1898)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

  2. iPhone7(A1779)落下後に起動しなくなった本体のデータ復旧

  3. iPhoneSE(A1723)充電ケーブルに繋いでも電源が入らない本体の電源復旧

  4. iPhoneXS Max(A2102)自宅で突然起動しなくなった端末のお持ち込み修理

  5. iPhone8Plus(A1898)充電不良後に起動しなくなった本体のデータ復旧

  6. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧