iPhoneXS(A2098)使用中に突然起動しなくなった本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。

今回ご紹介致しますのは充電しながらの使用中に突然電源が落ち、その後起動しなくなってしまったというiPhoneXSのデータ復旧です。

就寝時の充電中に基板がショートした場合には電源回路上の川で例えると本流部分が壊れる事が多いのですが、使用中の故障の際には画面の表示に関連する回路であったりスピーカーや電波の回路であったり、本流から外れた箇所が壊れる事があります。

また、その際には部品と基板が同時に損傷することもあります。

ご依頼品を分解し、基板の状態を確認しましょう。

基板の上層基板で漏電が発生していることを確認しました。

しかし、サーモグラフィで確認しても故障箇所が特定できません。
その場合には、拡大しながら目で探します。

薄っすら焦げ付いている変色したコンデンサを発見しました。
今回の故障箇所は電源回路上の本流にあたる部分でした。

壊れていた箇所によっては、○○が使用出来ないかもしれない等の予想をしながら起動確認、そして動作の確認へ進む事になります。

まずはパネルと基板の状態で起動とタッチのチェックです。
FaceIDに関する警告メッセージが出ていますがFaceIDに関連する部品を取り付けていない状態での起動なので問題有りません。

色々な機能がまとめられているiPhoneは起動時にiPhone自身が各機能、部品の状態をチェックしています。チェックはもちろん内部的に行われ、この部品が壊れている場合は警告のメッセージを表示する、機能が使用出来ない様に項目がグレーアウトする等の挙動を取ります。

この内部的なチェックの際、起動に最低限必要な部品がそろっていないと認識された場合や、基板の故障によりチェックに対して正常な返り値が得られない際には起動しないということがあります。

その為、まずは最低限起動に必要なパーツのみで起動させ、その状態で起動が確認できたら他の部品を取り付けるという流れで作業を致します。

組み立てが終わると起動しなくなるという本体の場合は、どれか壊れている部品があるのか?カバー等による圧迫で接触が悪くなるのか?等、引き続きの調査を実施する必要があります。

今回のご依頼品については動作確認で問題は発見されず。そのまま返却の手続きを進めることが出来ました。

突然起動しなくなったけど、落としていない、水没もしていないはず、部品交換のお店に持ち込んだけれど修理出来ないと返却されてしまったiPhoneのiPhoneデータ復旧はFIREBIRDへ!ご依頼お待ちしています。

関連記事

  1. iPhone6(A1586)タッチパネルが反応しない本体のタッチパネル復旧

  2. iPhone SE(A1723)起動出来ない本体の復旧

  3. iPhoneXS Max(A2102)自宅で突然起動しなくなった端末のお持ち込み修理

  4. iPhone8(A1906)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体のデータ復旧

  5. iPhone7Plus(A1785)他店で基板の問題と言われた電源が入らない本体のデータ復旧

  6. iPhone8Plus(A1898)充電不良後に起動しなくなった本体のデータ復旧