iPhone 7(A1779)ショート跡があり起動出来ない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、iPhone7の基板修理をご紹介いたします。

お問合せの内容としては、本体を充電器に挿して、寝て、起きたら起動しなくなっていたとのことでした。

充電器に挿して充電しながら寝ることは皆さまよくされているかと思われます。
私もほぼ毎日、充電器にiPhoneを挿して充電しながら寝ています。

しかし、「充電器に挿して寝る」という皆様も当然のようにしているこの動作はiPhoneの寿命を縮めてしまう可能性のある行為でもあります。

iPhoneのシステム側で100%にまで溜まったバッテリーに充電し続けないよう制御したり、OSによっては起きる時間に合わせてゆっくり充電を溜めるよう制御されていたり、壊れているケーブルの場合は警告が出たり等、対策は取られているもののもちろん絶対ではありません。

非純正の急速充電のケーブルやタップ、車からの給電、充電しながらの動画視聴やゲーム等、基板にとっては「負荷」のかかる動作を継続して行うことで基板の回路の一部分がある日ショートしてしまう場合があります。

・充電していたら
・操作中に
・動画視聴中

この3つの最中に突然電源が落ちて起動しなくなったという場合は、基板に電気的な「負荷」がかかって回路が一部ショートした可能性が高いです。
ショートする場所は、コンデンサであったりICチップだったりと様々で壊れる場所も様々です。

今回ご依頼頂いたiPhoneのサーモグラフィで確認した画像がこちら

通常時と明らかに異なる発熱が発生していることが確認されました。
ショートした部品の種類や場所によっては今回のようにはっきり場所がわからないことがありますので今回は故障個所のあたりがつけやすい症例となります。

熱くなっていた箇所がこちらです。
明らかに焦げているのがわかります。

こちらも、焦げが見えない形でショートしていると故障個所を特定するのに時間がかかります。

焦げたチップは種類や状態によって、取り外し、交換、ジャンプ、パターン修復等、状況に合わせて回路の修復を実施します。

漏電が解消し、回路修復が完了したら電源を入れて起動を確認します。
起動してからは、充電が溜まるか、タッチが動作するかを中心に、パスコードが無くても確認できる部分から動作の確認を実施します。

しかし、ホーム画面まで正常に遷移できるか?起動が安定して続けられるか?カメラやマイク等の動作はできるのか?等のチェックを実施するにはパスコードが必要となります。

パスコードを使用しての動作確認はお客様がご希望されない場合は実施致しませんが、
パスコードを入力した後に固まってしまう、カメラを立ち上げると電源が落ちる等、パスコードを入れてからでないと判明しない不具合もありますのでご了承ください。

また、起動時の状態によってはデータが残っているか、データが回復、データが復元できるかの確認の為にパスコードが必要となる場合もあります。
修理内容、起動状況によってお客様にご連絡させて頂きますのでよろしくお願いします。

データ復旧

関連記事

  1. iPhone6s(A1688)起動不可本体のデータ復旧

  2. iPhone 7(A1779)水没により電源が入らない本体の電源復旧

  3. iPhone7(A1779)のバックライト復旧

  4. iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

  5. iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

  6. iphone6p(A1586)画面が映らない本体のデータ復旧