iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は旧iPhoneSEの基板修理をご紹介致します。

新型のiPhoneSEが登場してから、修理店では以前のSEを旧SEやSE(第一世代)等と呼び、新しいSEをSE2や新SE、SE(第二世代)というように区別して呼称していますが、皆様はなんと呼んでいますか?

そのまま、「iPhoneSE」でしょうか。

ただ、「iPhoneSE」と呼ばれるとどっちのことか分からずお電話での問い合わせの際に、「古い方ですか?新しい方ですか?」とお伺いすることがありますのでご了承ください。

当店では新しい方のiPhoneSEの修理も承っておりますが、本日は古い方のiPhoneSEのお話です。
画面が映らないとの症状でご依頼頂きました。

こちらはパネルを裏側から撮影した写真です。
白いフロントパネルの縁と、黒いバックライト部品のちょうど間をご覧ください。
線状に白くなっています。
バックライトは点灯しているが液晶が映らないという症状になります。

画面がはめ込まれた状態では、起動させようとすると(起動しているとき)画面が暗い場所では光っていることが確認出来るがグレーの画面が表示される。明るい場所では真っ暗に見えます。

フロントパネルを取り付けて起動させようとした際に発熱する場所と、その部品に繋がっていて液晶表示に影響が出る部品を重点的に調査していきます。

その過程で調査の為にテスターで触れたらポロリと取れてしまうコンデンサが1つありました。
ショートして完全に基板から剥がれていた状態です。

さらに1つじわじわと発熱するコンデンサを見つけて取り除きます。

ここまでの調査と修理で異常な値であった回路が正常値に戻りましたので基板にフロントパネルを取り付けて電気を流してみます。

無事、リンゴマークが画面中央に表示されました。
元々、表示はされていなかったものの、基板自体は起動している状態であったことが推測できる状態でしたのでそのまま起動しきるのを待ちます。

明るさセンサーを取り付けていない関係で暗く表示されてはいますが、液晶表示に問題無し、起動することが確認できました。

タッチも問題無しです。

この後は、本体フレームにお客様の基板を戻し、お客様のフロントパネルやバッテリー等元々本体に取り付けられていた部品で正常に起動するか確認となります。

今回のケースではお客様バッテリーでは充電が進まず、バッテリー交換が追加で必要となりました。

お客様に相談の上バッテリーを交換し動作を確認して修理完了です。

データ復旧
他店で修理不可

関連記事

  1. iPhone 7(A1779)ショート跡があり起動出来ない本体のデータ復旧

  2. iPhone6s(A1688)充電しながら操作中に起動しなくなった端末の復旧

  3. iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

  4. iPhone6s(A1688)充電中にブラックアウトしてしまった端末の復旧

  5. iPhone 6s(A1688)基板損傷によりバックライトが表示されない本体のバックライト復旧

  6. 旧 iPhone SE(A1723)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧