iPhoneSE(A1723)過電流による回路チップ故障の端末復旧

こんにちは。FIREBIRD修理センターの笹山です。

本日ご紹介しますのは、充電しながらの使用中に突然画面がプツンと消えてしまったというご申告のiPhoneSE故障です。

早速内部を確認しましたところ、約3.7A(アンペア)近くの漏電がありました。
よってまずは漏電箇所の特定と修復を試みます。

今回は電波を制御するIC部品付近のコンデンサーチップにショートがありました。

ショート箇所の修復を終え、電流をチェックしてみます。

これで漏電はなくなりました。

電源を入れていない状態で下側の数値に変動がある(0を示さない)と、漏電している事になります。
その場合、電池が繋がっているとどんどん電力が消費されていき、電池が過放電状態となると、
ライトニングコネクタを挿しても充電がされません。

さて、直流電源にて電源を入れてみます。問題なく起動できましたので、今回はこれにて一件落着かと
本体に組み戻し、動作の確認をしましたところ、充電がされません。

ライトニングコネクタ(充電差込口)部品を交換しても同じで、やはりバッテリーがたまりませんでした。
結局、もう一度基板だけの状態に戻し、充電コントロールICを交換したところ、無事に充電も復活致しました。

データ復旧をメインとして修理を行いますので、ライトニングコネクタ差込口が反応しないとなると、
肝心のiTunesバックアップをお取りいただくことができません。
稀に、CPU(頭脳部品)側で充電に関する回路故障がある場合、Wi-Fi機能が使える場合は
iCloud経由のバックアップとなる事もございます。

その場合、端末の使用容量によりましては、バックアップが一晩中かかる場合もあります。
今回は幸い、充電回路の修復のみで直りましたので、お客様ご自身にてバックアップをお取りいただける形となりました。

近頃は、お車でのカーチャージャーからの充電による端末故障や、
純正品以外のケーブルを使用しての充電による端末故障のご依頼も増えてきております。

iPhone短時間の充電であれば、問題無い事が多いですが、
充電しながらの長時間の使用や、端末が高温になっていても継続して充電しながらの使用等
によって基板部品にダメージを及ぼしていると思われる事例をよく拝見します。

当ブログをご覧いただいた方は、そのような使用方法は是非ともお控えくださいませ。

お使いの端末に不具合があった場合はFIREBIRD修理センターまでご相談ください。

電源復旧

関連記事

  1. iPhone 8(A1906)チップ損傷により再起動を繰り返す本体のデータ復旧

  2. iPhone6s(A1688)起動時発熱により正常起動できなくなった端末の復旧

  3. iPhone SE(A1723)起動出来ない本体の復旧

  4. iPhone6Plus(A1524)使用中に突然電源が落ちた端末の復旧

  5. iPhone 6s Plus(A1687)他店舗で修理不可と判断された充電できない本体の電源復旧

  6. iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧