iPhone7Plus(A1785)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体の電源復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。

冬季は温度の低下によってバッテリーの持ちが悪くなると共に、故障もしやすくなるのか、部品交換の店舗では冬はバッテリー交換が増えると言われています。

また、寒暖差による結露や、暖房器具による加熱でiPhoneが故障してしまったという事例も発生してきていますが、自然にiPhoneが壊れてしまったという場合に起動不良の原因が劣化したバッテリーであることも多くあります。

バッテリーの持ちが悪いけれども、次の機会に交換すれば良い、新機種が出たら買い替えるから我慢といった風にそのまま使用を続けてしまう事は多々あるかと思われます。

バッテリーが劣化して電源が起動しなくなってしまった場合、部品交換店に持ち込んでバッテリーを交換したらまた使用できるようになることが多いのですが、バッテリーを仮で取り付けて起動しない場合には部品交換店での修理は不可となり、基板故障と判断されます。

今回ご依頼頂いたiPhone7Pも部品交換の店舗で修理不可と判断された為ご依頼頂きました。
サーモグラフィで明らかに発熱していると判断できる場所はICチップであり、今回故障していた回路が壊れた際には毎回のように発熱が確認出来る場所ではありますが損傷個所がそのICチップであることは少ないです。

念のため拡大して確認しますが、損傷の跡はありません。

損傷した回路を順に確認していき、故障箇所を特定しました。
メタルカバーの内側に配置されており、剥がさなければ確認出来ない場所のチップです。

カバーを剥がして再度通電してチェックしたところ、故障箇所がしっかり発熱していることが確認できたので処置を実施しました。

起動を確認出来ました。

バッテリーが純正品であった為、もしかしたら経年劣化で使用出来ないかもしれないと考えましたが問題無くお客様のバッテリーのままで起動の継続が確認出来ました。
今回のご依頼では部品交換は不要となり、ホームページ記載のままの料金での確定となりました。

基板の復旧修理後にお客様の本体に取り付けられた部品が故障しており起動や操作に影響が出る状態であった際には当店で部品交換を実施するか、iTunesデータの状態でのご返却を目指すかご相談させて頂いてその後の作業を決定します。
もし部品交換をご希望される場合には部品交換代金が発生致しますのでよろしくお願いいたします。
また、当店はデータ取得の為の修理が原則となる為、カメラやマイク等のデータ取得に関わらない部品の故障交換についてはお勧めしておりません。

壊れたiPhone、他店で修理不可だったiPhoneからデータが欲しいという際にはぜひFIREBIRDをご検討ください。
お申込みご相談をお待ちしております。

関連記事

  1. iPhone7Plus(A1785)水没により電源が入らない本体の水没復旧

  2. iPhoneXS(A2098)他店舗で修理不可と判断された起動しない端末の復旧

  3. iPhone 6s(A1688)他店舗で修理不可と判断された画面映らない本体のデータ復旧

  4. iPhone 8(A1906)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体のデータ復旧

  5. iPhone8Plus(A1898)就寝中に充電器に挿しっぱなしで起動しなくなった端末

  6. iPhone11Pro(A2215)本体が発熱した後、起動しなくなった端末の復旧