iPhone7Plus(A1785)他店で基板の問題と言われた電源が入らない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、他店舗にて基板の問題である為、直せないとされたiPhone7Pのデータ復旧例をご紹介致します。

最近充電ケーブルの反応が悪いと感じながら使用を継続していたものの、マイクやスピーカーも使用できなくなり、最後には動画を再生しようとしたタイミングで画面がプツンと途切れ、その後起動しなくなってしまったとのことでした。
修理店には持ち込み各種部品の仮付けをしてみてもらったが起動せずという結果であったそうです。

過去に、水没させたこともあるとの事でしたのでお預かりした本体はまず、分解させて頂きました。

内部の状態を確認すると、水分に反応するシールはフロントパネル側、基板側共に白。
水分が大量に入ったという跡は見当たりませんでした。

iPhone7には耐水性能がありますので水没といっても少しお水がかかった程度だったのかもしれませんね。

しかし、上下のスピーカーやマイクの穴は、金属メッシュで覆われている状態ですので基板側が濡れなくても、部品に水分が入ったことにより想定されていない電気が流れて基板が故障するということがあります。

分解した基板は漏電が発生していることが確認できましたので、続けてサーモグラフィで故障場所の絞り込みを行います。

今回、発熱した場所はこちらなのですが、表裏共に見た目は綺麗、変色や焦げはありません。
見た目で分からないとなった際には回路上ここが壊れたかもしれないと思われる部分を調べて場所を特定していきます。

回路の修復前は0だった数値が修理により回復しています。
併せて、漏電が解消していることを確認しました。

基板が起動できる状態になったところでフレームに戻し、各部品を取り付けて動作の確認を実施しますが、ここでお客様のバッテリーでは本体が起動しないことが判明しました。

直流電源で起動するが、お客様のバッテリーでは起動しない場合、次に確認する事は充電済みの異なるバッテリーで起動するかどうかです。

充電済みの異なるバッテリーで起動することが確認できたら、次に充電が溜まるか確認します。

今回のケースでは、充電中を示す雷のマークが表示されるものの、充電を続けても%の表示が変わらず充電出来ていないことが判明しました。

雷のマークが出るが充電の%が増えないという症状も基板故障の一つです。
再度基板を取り外して追加で修理を実施して再度組み立てます。

充電の機能が改善したため、お客様のバッテリーでも起動させることが出来ました。
部品交換は発生しませんでしたので、基板修理料金のお見積り通りでの返却となりました。

iPhoneデータ復旧・基板修理はFIREBIRDへご依頼ください。
ご相談お待ちしております。
他店で修理不可

関連記事

  1. iPhone6(A1586)漏電が発生した本体の復旧

  2. iPhone8Plus(A1898)充電したまま就寝し、起床後に起動しなくなった端末の復旧

  3. iPhone7Plus(A1785)水没により電源が入らない本体の水没復旧

  4. iPhone 8(A1906)チップ損傷により再起動を繰り返す本体のデータ復旧

  5. iPhone7Plus(A1785)洗剤に濡れて2日目に起動しなくなった端末の復旧

  6. iPhone6s(A1688)落として画面が割れただけで、起動しなくなった端末の復旧