iPhone7(A1779)原因不明で電源が入らなくなった本体のデータ復旧

原因不明、気づいたら起動しなくなっていたiPhone

こんにちは、FIREBIRDです。
本日は、ご依頼主様側では全く心当たりが無く、原因不明である時に気づいたら起動していなかったとのことでご依頼頂きましたiPhone7の復旧作業をご紹介致します。

もし、あなたのiPhoneが気づいたら起動していなかったら、どうされるでしょうか

再起動のコマンドボタンを押してみる?
電話を掛けてみる?
充電してみる?

お客様が実施される操作は上記3つです。

再起動の操作をしてみましょう

iPhoneが起動しなくなってしまったら試すことを紹介するサイトなどにもよく紹介されている操作です。
再起動の操作後にリンゴマークが表示されたら少し待ってみましょう。起動するかもしれません。
もしリンゴマークが点滅して繰り返す、またはリンゴマークが点きっぱなしになってしまうようであれば再起動の操作は繰り返さずにFIREBIRDへどうぞ。

電話を掛けてみましょう

電話を他の本体から掛けた際に反応はあるでしょうか。
もし着信音が鳴る、バイブレーションが作動するのであれば、表示がされていないものの本体自体は起動しているはずです。部品交換を実施しているお店に持ち込んでみましょう。
もし、新しいフロントパネルを取り付けても改善しないと修理不可になってしまったらFIREBIRDの出番です。基板修理で解決できる可能性があります。

充電してみましょう

バッテリーが劣化してきた場合等は、まだ充電があるように見えてもプツンと電源が切れてしまうことはあります。

充電マークが表示されるけど起動しないという場合は部品交換のお店でバッテリー交換を試してみるのをお勧めします。

しかし、充電ケーブルを挿しても充電マークが表示されない場合には要注意。
基板故障の可能性が高いです。

基板が故障したまま充電ケーブルを差し込んで電気を送り続けると、基板がさらに故障して直せない部分まで壊れてしまったり、基板だけでなくバッテリー部品等にまで故障が拡がってしまったり、状態が酷くなってしまう事がありますのでご注意ください。

ご依頼のiPhoneから漏電症状を確認

ご依頼のiPhoneからは漏電症状を確認しましたが、よく故障している事の多い基板裏面からは漏電箇所が見つかりませんでした。

基板表面のカバーを外してサーモチェック

基板裏面に漏電が確認出来ない場合は表面も確認します。
表面は熱を通し辛い素材が貼られている金属プレートで覆われている為、そのままでは漏電場所を発見することが出来ません。

剥がすと分かる漏電箇所

剥がしてから改めてサーモグラフィで確認した画像がこちら、不自然に熱くなっている箇所が確認できます。

ここから小さな1つの部品まで突き止めたら修理を実施、回路の不具合を解消していきます。

処置完了

無事に回路修復が完了し、起動に至る事が出来ました。

起動しないiPhoneからデータを取得したい時にはFIREBIRD

起動しないiPhoneからデータを取り出したい。
修理店で直らないと言われたiPhoneに欲しいデータが入っている。

そんな時にはFIREBIRDへご相談ください。
起動してのご返却が出来ない状態まで損傷している場合でもデータの取り出しが出来る事もありますので諦めずにお問合せ頂けますと幸いです。

iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

  2. iPhone7(A1779)通常使用における起動不良となった端末の復旧

  3. iPhone8(A1906)原因不明で起動出来ない本体のデータ復旧

  4. iPhone7(A1779)水没により電源が入らない本体のデータ復旧

  5. iPhone SE(A1723)原因不明で画面が映らない本体のデータ復旧

  6. iPhone6s(A1688) 洗濯機の中で浸水した端末のデータ復旧