iPhone6s(A1688)起動不可本体のデータ復旧

こんにちは、基板復旧サービス担当の佐藤です。

今回ご紹介するのは起動しなくなったiPhone 6sです。

早速本体の状態から順番に確認して行きます。

最初に、スリープボタン押しても起動できず、ライトニングケーブルを繋いでも

全く電流がながれないため、明らかに基板の不具合が起きていると判断。

こちらは基板を取り出した状態です。

基板単品で詳しく調べて行く事にしましょう。

バッテリーコネクター周辺を先に調べて置きます。

バッテリー側に繋がる端子及びバッテリーの充電コントロール端子共に短絡やオープン(断線)等はありませんでした。

次に、ライトニングケーブルからのUSB電源の入力端子からUSBケーブルのTYPE A端子間の導通も問題無しでしたので、

明らかに基板上で不具合が起きている事に間違いないようです。

次に、バッテリーコネクターに外部電源を接続して電源ラインのリーク電流を調べます。

ここで異常発見。

本来、コネクターにバッテリー(外部電源)を繋いでもスリープボタンの操作をしない限り

殆ど電流は流れないのですが、今回測定した値は約10A(アンペア)流れていました。

直ぐに電源を外し、バッテリー側から順に調べて行きます。

すると、バッテリーからの電源ラインの先の所で測定異常を確認。

電源の大元となる所でショート個所が有り、その為全ての動作が出来なくなってしまった様です。

不具合個所が大筋で絞り込めましたので、顕微鏡を使用して該当回路のパーツを一つずつ目視していきます。

大量に似たようなチップ部品が有る中、一つだけ変色しているチップコンデンサーを発見。

その部品を外して、ショートしていた電源ラインの導通をあ調べると先ほどまでショートしていた箇所が正常にもどりました。

今回、不具合を起こしていたチップコンデンサーに於いてihponeで使用している部品の中では比較的大きめのサイズでした。

外した所のコンデンサーを交換し、再度測定。

ショート個所が改善されましたので、外部電源を使用し、パネルを仮付けして起動させます。

リンゴマークが点き、そのままパスコード画面まで表示されました。

起動時の電流値も正常、パスコードの入力操作、電源切り操作などを行い異常なしでしたので、基板を本体に戻します。

本体に組み込んだ後(先の時点ではパネルはまだ仮付け状態)バッテリーの充電テストを行いました。

故障時は、常に大電流が流れ続けていた為、充電状態がほぼ空に近い状態でしたので、

きちんと充電が出来るか確認します。 この作業が結構時間が掛かります。

充電も不具合無く行えましたので、パネルを組み込み、再度一通り動作を確認し、

無事端末が復旧完了!

データもバックアップできる状態になりました。

iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone7(A1779)起動出来ない本体の電源復旧

  2. iPhone6s(A1688)充電しながら操作中に起動しなくなった端末の復旧

  3. iPhone 6s(A1688)基板損傷によりバックライトが表示されない本体のバックライト復旧

  4. iPhone8(A1906)原因不明で電源が入らない本体のデータ復旧

  5. iPhone8Plus(A1898) 発熱による起動不良となった端末復旧

  6. iPhone8(A1906)水没により電源が入らない本体の電源復旧