iPhone6(A1586)自宅お手洗いに水没してしまった端末の復旧

こんにちは。FIREBIRD修理センターの笹山です。

本日、ご紹介するのはお手洗いで水没させてしまったiPhone6の復旧となります。
ステイホームの今年は、自宅で過ごす事も多くなっているかと思います。
そのようななか、iPhoneを水没させる危険性があるのが、お手洗い、お風呂場、キッチンシンク等の水回りとなります。

お風呂場には、動画を見たりするために持ち込む方も多く、チャックつ付きビニル袋に入れて
使ったりという事もあり、派手に水没するといった事は無いように思います。

キッチンも同様、少し水がかかってしまうという事がありますが、比較的軽度の事が多いです。

一方、今回のようなお手洗いの場合は、ズボンの後ろポケットに入れたままで座ろうとした際に
誤って水没させてしまうケースが大半です。しかし、便器の構造上、落ちてしまったものを拾い出すのに
意外と苦労するため、内部まで大量に浸水している事が当店での修理事例では多いです。

冒頭の写真はiPhoneのメモリ部分を映したものですが、
玉虫色のようにカラフルに変色しているのがご確認いただけるかと思います。

最新モデルでは、耐水性能が大幅に改善されており以前のように水没が減りましたが、
小さなコンピューターでもあるiPhoneの頭脳部分にこのように水没跡が現れていましたので、
少し不安ではありましたが、調査・修復に入っていきます。

先ほどの写真左側部分はステンレスカバーのため、まずはすぐに確認できる右側シール部分から剥がして見ていきます。
すると予想通り、水分が内部に侵入してチップ部品が広範囲に焼け焦げていました。

iPhone内には、こうしたチップ部品が数千とあり、そのどれがショートする(焼け焦る)かは
私たちスタッフにもわかりません。ただ、まずは電源が入る事を目指して調査・修復を行いますので、
ノウハウを基にテスター両手に順を追って探していきます。

今回は、4箇所に不具合が見つかり、その全てを修復し終えた段階で無事に通電ができました。

基板修理でスタッフが点検をする際は、お客様の元の部品は一切使いません。
画面が点くとわかっているパネルを使用しないと、基板の問題かパーツの問題かの
切り分け作業が効率的にロスとなるからです。

今回は、かなりの水没だったため当初は直るかどうかは五分五分だと思っていた基板でしたが、
このように無事に起動する事ができました。

ディスプレイが暗いのは、設定の問題で、お客様からパスコードをお伺いするまでは、
画面調整はできませんが、ライト越しにタッチ操作でダイヤルを押せる事は確認できます。

まだまだ、ステイホームが続く年末年始ですが、くれぐれもiPhoneの水没にはご注意ください。
万が一、何か不都合がありましたらFIREBIRD修理センターまでご相談ください。

iPhone水没復旧

関連記事

  1. iPhone6s(A1688)洗面所で温水に浸かってしまった端末の復旧

  2. iPhone6s(A1688) 洗濯機の中で浸水した端末のデータ復旧

  3. iPhone XS(A2098)水没により起動出来ない本体の電源復旧

  4. iPhoneSE2(A2296)水没後に充電をしてしまった端末の復旧

  5. iPhone7Plus(A1785)水没により電源が入らない本体の水没復旧

  6. iPhone6(A1586)タッチパネルが反応しない本体のタッチパネル復旧