iPhone6(A1586)水没後2年ほど使えていた後、突然起動しなくなった端末の復旧

こんにちは。FIREBIRD修理センターの笹山です。

本日ご紹介するのは、過去に水没歴があるというiPhone6の本体の修理になります。

今年もいよいよ新機種の噂が賑わってくる時期になりました。
旧SEを最後に絶滅してしまった4インチサイズに「近い」大きさの新機種が登場するかもしれないとあって、
インターネット上では真偽が定かではないモックアップ(模型)も登場しています。

本日修理のiPhone6ですが、4.7インチサイズの初期モデルとして爆発的に売れた機種でした。
本体のサイズが大きくなったと同時に基板もひと回り大きくなったというわけではなく、
基板自体の面接はたいして変化はありませんでした。

ただし、基板上のチップ配置が見直され、5sの頃にあった空白地帯はほぼ何かしらの
チップパーツに埋め尽くされました。

チップ表面に何やら液体跡のようなものが残っています。
水没の基板修理では電源を繋いだり、導通を確認したりする前に、
こういった汚れを取り除きます。

これも、チップが整然と並んでいますが、元は薄っすらと白くなっていました。
そこをアルコールで洗浄を施していきます。
真ん中にある黒い大きなIC表面には拭き跡もみられます。
一旦はこのくらいでも大丈夫です。

このクリスタルのようなICチップも見た目が違うだけで、
機能そのものに大差はありません。
この表面にも汚れがついていますので、これからアルコールにて拭きとっていきます。

拭き取り時に大切な事は、目に見える表面ではなく、裏側つまり
ICチップと基板の間に入っているであろう汚れや不純物をアルコールで
拭き流すイメージでクリーニングすることです。

店舗にあるテストパネルですので、画面は割れておりますが、
先ほどの3枚の写真それぞれにあったショート箇所を取り除いたり、
部品交換をしたことにより、導通が正常値に戻っておりましたので、
直流電源につないだところ、リンゴマークが点きました。

無事、正常に起動を確認出来ました。
パスコードは起動後、動作確認をご希望の方のみ
お伺いしてますので、パスコード入力画面や緊急電話画面にて
一つ二つタッチパネルを操作してタッチが効くかを確認します。

5年間も廃れないiPhoneはやっぱりスゴイです。

今回も問題なさそうですので、これにて1件落着。
お使いのiPhoneの電源が点かなくなった際はFIREBIRDまでご依頼くださいませ。

iPhone電源復旧

関連記事

  1. iPhone6s(A1688)起動出来ない本体のデータ復旧 

  2. iPhoneX(A1902)使用中に突然電源が入らなくなった本体の電源復旧

  3. iPhone 6(A1586)原因不明で電源が入らない本体の電源復旧

  4. iPhone7(A1779)本体が湾曲し電源が入らない本体の電源復旧

  5. iPhone7(A1779)起動出来ない本体の電源復旧

  6. iPhone7(A1779)通常使用における起動不良となった端末の復旧