iPhone11Pro(A2215)他店舗で修理不可と判断された起動出来ない本体の電源復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は、iPhone11Proのご依頼をご紹介致します。

他店舗に持ち込んだが、修理不可と判断されたケースです。
部品交換店、基板修理店で修理不可とされた場合でも、FIREBIRDで起動、又はデータの取得を実施することが出来た例が数多くございます。

FIREBIRDが2店舗目ということはよくありますが、3店舗目、5店舗目ということもあります。

もちろん、基板修理店で修理して修理不可となったご依頼品については、当店で調査させて頂いた結果、やはり修理不可という結果となってしまうこともあります。
しかし、通常のご依頼と比べたら成功率は落ちるものの、起動成功、データ取得成功となる例も数多くありますので、お気軽にご相談ください。

今回は、部品交換店では修理出来ないとのことでFIREBIRDにご依頼された本体となります。

到着後の状態確認では、基板に電源を繋ぎ、起動させようとすると基板が発熱してしまって起動しない、という症状を確認しました。

起動させようとすると、本来は少しずつ電流が流れ、徐々に大きな電流が流れていき起動するという状態になるはずなのですが、ご依頼品の場合は起動しようとした際に、不自然に大きな電流が一気に流れてしまっています。

発熱していた箇所を拡大して確認しますが、この通り外観は綺麗でしたので、その他の情報から故障箇所を探していきます。

故障箇所を発見したら処置を実施して状態が改善したことを確認しましょう。

起動が安定し、タッチ操作や充電機能が使用できることが確認出来たらデータ取得が可能な状態に改善したと判断します。

例えば、修理環境下で本体が起動しても、各部品を組み立てたら起動しない、直接基板に電気を流したら起動するのにバッテリー部品では起動しない等、お客様が操作できる状態に組み立てると起動しないという結果となる場合もあります。
そのような場合には、当店でiTunesバックアップの取得を実施して、本体は起動しないままのお返しとなることがあります。
iTunesバックアップは、パソコンでiPhoneのデータを保存する方法となっており、iCloudやクイックスタートで機種変更が簡単にできるようになる前はiTunesが主流のデータバックアップ方法でした。

iTunesバックアップでの返却となる可能性が出てきましたらお客様に確認をさせて頂いて、iTunesバックアップが成功したら、起動しない本体とデータをお渡しさせて頂くこととなります。

もちろん、欲しいデータがiTunesバックアップの範囲外である場合はその旨をお知らせ頂けましたら最大限ご希望のデータが取得できるよう、引き続き調査修理を実施させて頂きます!
起動しない、充電出来ない等、データが取れないiPhone電源復旧はFIREBIRDをご検討ください。
ご依頼、お問合せをお待ちしております。

関連記事

  1. iPhone 8 Plus(A1898)チップ損傷により電源が入らない本体の電源復旧

  2. iPhone11 Pro(A2215) 使用中に突然電源が落ちた端末の復旧

  3. iPhoneXSMax(A2102)車載充電器にて充電後に起動不良となった端末の復旧

  4. iPhone7Plus(A1785)他店舗で修理不可と判断された電源が入らない本体の電源復旧

  5. iPhone11Pro(A2215)本体が発熱した後、起動しなくなった端末の復旧

  6. iPhone6Plus(A1524)ひと晩中の充電で起動しなくなった端末の復旧