iPhone11Pro(A2215)浴室利用後にリンゴマークから進まなくなった本体のリンゴループ復旧

iPhoneの浴室利用はアリかナシか

年々水に強くなってきているiPhoneですが、浴室での利用は「ナシ」です。
何故かと言いますと、公式サイトに「水濡れによる損傷は、保証の対象外となります。」とはっきり記載してあるからです。
いくら水に強くなりましたと広告がされていても、保証外になるのであれば水に近づけるべきではありません。
シャンプーやボディーソープ等の洗剤類はパッキンの役目を果たす両面テープの力を弱めてしまいますし、シャワー等により湿度が高い状態ではスピーカー等の為のメッシュを湯気が通り抜けてしまうこともあります。
更に、入浴剤の成分もiPhoneには良くありません。バスソルトたっぷりのお湯は電子機器に禁忌である海水状態です。

濡れた(濡らした)後は充電してはいけない

気がついたらiPhoneが濡れてしまっていたなんてことは良くある話ではありますが、たとえ濡れたiPhoneが起動しなくなってしまったとしても、充電器を挿してはいけません。
端子や内部が濡れた状態で電気を流してしまうと、想定していない箇所に想定していない量の電気が流れてしまう等、基板故障の原因となることがあります。
お水に濡らしてしまった際には、電源を切り、水気をふき取って完全に乾かしてから電源を付けてみましょう。
尚、多量の水分に浸かってしまった後の本体はご家庭では乾かすことが出来ません。早急に分解と乾燥が可能な修理店に持ち込みましょう。

水濡れ後にリンゴループになってしまった

当店では、現在修理メニューを「基板修理」「リンゴループ基板修理」「システム障害復旧」と3つに分けています。

今回は浴室での使用後にリンゴループ症状が出たiPhone11 Proのご依頼を紹介致します。

到着時点では充電が無い状態

お預かりしたiPhoneはまず、ご申告の状態の通りかを確認致します。
充電マークは表示されましたが、水没した可能性のある本体ですので充電はせずに分解し内部を確認しましょう。

水没シールで水濡れ跡を確認

フロントパネル側の水没シールは白色ですが、本体フレーム側に貼られた水没シールは真っ赤になっています。

部品交換を実施していない未開封の11Proでこのシールが真っ赤となるとイヤスピーカーメッシュからの浸水でしょうか?
フロントパネル上部が水に浸かったか、またはシャワー等水圧の強い水が掛かった可能性が高いです。

リンゴループ症状も直ります


処置後のiPhoneです。処置前は基板が乾燥していることを確認した上で電気を流したところ、ご申告通りリンゴループ症状が確認できました。
しかし、FIREBIRDの調査、処置によりリンゴマークの先へ進むことが出来ました。
パスコード入力画面で表示、タッチ、充電ケーブルに反応するかを確認し安定している様子であればお客様へご報告となります。

水没復旧はFIREBIRDへ

水没後の本体を修理店に持ち込んだけれど修理不可だった場合はFIREBIRDをご検討ください。
部品交換店、基板修理店等、他店舗で修理不可となってしまったiPhoneにも成功事例がございます。

水没復旧

関連記事

  1. iPhone11Pro(A2215)水洗いによりリンゴループとなった本体のリンゴループ復旧

  2. iPhone11Pro(A2215)他店舗で修理不可と判断された起動出来ない本体の電源復旧

  3. iPhone 7(A1779)原因不明でリンゴループとなった本体のリンゴループ復旧

  4. iPhone11 Pro(A2215) 使用中に突然電源が落ちた端末の復旧

  5. iPhone11Pro(A2215)本体が発熱した後、起動しなくなった端末の復旧

  6. iPhone SE(A1723)リンゴループ状態本体の復旧