iPhone 8(A1906)他店舗で修理不可と判断された起動出来ない本体のデータ復旧

こんにちは、FIREBIRDの佐々木です。
本日は他店舗で修理不可と判断されたiPhone8の修理をご紹介いたします。

FIREBIRDは基板修理をメインとした修理店です。
基板修理をメインとした修理店は全国でも数が少ない状態です。

しかし、iPhoneの部品交換をメインとした修理店は全国にかなり存在しています。
ぜひ、お使いのiPhoneが起動しなくなってしまった際には一度部品交換をメインとした修理店にお持ち込みされるのをお勧め致します。

部品交換をメインとした修理店で起動しなかった場合にはFIREBIRDをご検討ください。
FIREBIRDの基板修理で復旧する可能性があります。

部品交換をメインとした修理店で修理不可と判断される基準としては、「正常なフロントパネルと充電がある程度溜まっているバッテリーを基板に仮で装着しても起動しなかった状態」が基本となるかと思われます。

FIREBIRDでは、部品が損傷していた場合の部品交換に加えて、基板が損傷していた場合の基板の回路修復を行うことが出来ます。

今回ご依頼頂いたiPhone8をサーモグラフィで確認した画像がこちらです。
基板の中央2か所が異常発熱していることが確認できます。

しかし、異常発熱していた2か所を顕微鏡で拡大して確認してみたものの、見た目でわかる焦げや欠落、異常はありません。

基板は表裏両方にチップが付いており、もう片方側の方のチップも発熱する可能性がある箇所でしたのでメタルカバーを外してそちらも確認してみたのですがそちらも見た目は綺麗。

表裏の異常発熱していた箇所を中心にテスター器具を使用して正常な数値が得られるか1つずつ確認していきます。

極々小さな1つのコンデンサの数値が異常であることが判明した為、そのコンデンサを取り外します。

起動に必要な各パーツを取り付けて、起動を確認することが出来ました。

この時点ではまだ取り外したカバー類、ネジ等が取り付けていませんので下の写真のように剥き出しの状態です。

戻せるカバーは戻し、できる限り元の状態に戻して閉じて修理は完了。

一度外すと戻せないもの、一度剥がすともうくっつかないもの等がありますので修理の内容によって修理後にどこまで元の状態に戻せるかは異なりますのでご了承ください。
修理箇所が少なければ少ないほど基板へのダメージは少なく済みます。
最低限の修理で復旧できるよう日々頑張らせて頂いております。

他店で修理不可
iPhoneデータ復旧

関連記事

  1. iPhone8(A1906)充電で起動しなくなった端末のデータ復旧

  2. iPhone8(A1906)発熱後に電源が入らない本体の電源復旧

  3. iPhone 8(A1906)チップ損傷により再起動を繰り返す本体のデータ復旧

  4. iPhone 8 Plus(A1898)充電器に繋いだまま起きたら起動しない端末の電源復旧

  5. iPhone 8 Plus(A1898)チップ損傷により電源が入らない本体の電源復旧

  6. iPhone11Pro(A2215)他店舗で修理不可と判断された起動出来ない本体の電源復旧